++稲葉健二のプログ++

「警察が犬を虐待」ツイッターで拡散 新潟県警は否定

新潟県警が保護した犬について、「えさも水も与えられずに衰弱した」という内容の投稿がツイッターで拡散し、県警に苦情の電話やメールが相次いでいる。県警は「えさも水も与え、適切に保護していた」と否定している。

 きっかけとなったとみられるのは、26日に投稿されたツイート。「行方不明になって警察に保護された祖父の犬が、引き取りに行くまで、えさも水も与えられずに衰弱した」という内容の書き込みだった。警察から「犬は落とし物で連絡をする必要も、えさや水をやる必要もない」と言われたとし、「警察署のひどい虐待には怒りを感じます」と対応を批判した。

 一連のツイートはそれぞれ4千回以上リツイートされ、27日昼の時点で県警本部とツイートで名指しされた警察署に計42件の苦情の電話やメールがあったという。

 県警によると、ツイッターで話題になっているとみられる犬は警察署が23日に保護し、1日3回ドッグフードを与え、水も与えていたという。犬は与えたドッグフードを食べていたと、県警は説明している。25日に飼い主の男性に犬を引き渡した際、「連絡する必要もえさや水をやる必要もない」と言ったことはなく、飼い主の男性からも苦情などはなかったという。

 県警の担当者は「どこで情報が曲がって伝わってしまったのか」と困惑している
2018年12月27日(木)   No.3972 (議員活動)

No. PASS
<<2018年12月>>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

2018年12月27日(木)
「警察が犬を虐待」ツ..

記事検索

OR AND
スペースで区切って複数指定可能
++HOME++

[Admin] [TOP]
shiromuku(fs6)DIARY version 2.41