++稲葉健二のプログ++

手話二つ、戸惑う園児 ろう学園が方針転換、保護者抗議

埼玉県立大宮ろう学園(さいたま市北区、伊藤えつ子校長)幼稚部で、事前の説明が不十分なまま手話をめぐる教育方針を大幅変更し、保護者らが県教育局に抗議するなど不信感が広がっていることがわかった。保護者らは新年度からの環境改善を求めている。

 学園は幼稚部から高等部まであり、ろうや難聴の子ども約180人が通う。幼稚部(3年間)は計25人が在籍する。

 これまで幼稚部は教員が9人おり、ろう者の間で自然に受け継がれてきた、日本語とは違う言語体系を持つ「日本手話」で園児に主に接してきた。

 それが今年度、日本手話を使える全教員を含む7人を異動や配置換えさせ、教員10人が着任。10人の大半はろうの幼児教育の経験が乏しく、手話も日本語の単語と手の動きを1対1で対応させた「日本語対応手話」を使うため、保護者によると、日本手話でやり取りをしてきた園児と、新しい教員の間で意思疎通が困難になった。

 登校を嫌がる、体調が悪くなるなどの園児が出て、保護者らが学園の様子を見たところ、新しく取り入れたリズム体操や七夕などの行事の内容や意味が園児に伝わらず、戸惑っている様子だったという。絵本の読み聞かせも同様で、さらに教員が園児の背後から声を掛けたり、体に触れたりして園児が驚くといった光景が目立ったという。
2018年03月20日(火)   No.3897 (議員活動)

<<2018年03月>>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

2018年03月20日(火)
手話二つ、戸惑う園児..

記事検索

OR AND
スペースで区切って複数指定可能
++HOME++

[Admin] [TOP]
shiromuku(fs6)DIARY version 2.41