++稲葉健二のプログ++

5人にセクハラ、県職員を懲戒免職 「良い雰囲気で…」

三重県は27日、同僚の女性職員5人に対し体を触るなどのセクシュアルハラスメント(性的嫌がらせ)をしたとして、児童相談センターの男性技師(35)を懲戒免職処分にし、発表した。県によると、セクハラでの懲戒免職は初めて。

 人事課によると、技師は2015〜17年度、それぞれ2人で食事に行った3人に対し、相手が嫌がっているのに帰りの車中でキスや胸を触るなどの行為をした。職場の歓送迎会の際には、別の2人に対し、多量の飲酒を勧めた上で目につかないところで抱きついたり、帰り道の路上で突然抱きついたりした。

 被害に遭ったのはいずれも20代の女性職員で、一人が昨年末に「同じ職場にいたくない」と上司に相談。県が聞き取り調査を進めていた。

 技師は「食事に誘ったら来たので嫌がっていると思っていなかった」「良い雰囲気だったので行為に及んでしまった」などと話す一方、「自分の軽はずみな行為によって不快な思いをさせた。申し訳ない」とも話しているという。

 また、県は、職場の親睦会費約3万円を私的に流用したとして、伊賀地域防災総合事務所地域調整防災室の男性主幹(51)を停職3カ月の懲戒処分にした。
2018年03月27日(火)   No.3904 (議員活動)

<<2018年03月>>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

2018年03月27日(火)
5人にセクハラ、県職..

記事検索

OR AND
スペースで区切って複数指定可能
++HOME++

[Admin] [TOP]
shiromuku(fs6)DIARY version 2.41