++Diary++

地区社会福祉協議会のふれあい会食会

地区社会福祉協議会のふれあい会食会がありました。独居の老人の方を招待しての会食会。大勢の方とひと時を楽しみました。
今日で市民会館が使用最終日です。万感の思いがします。
2014年09月30日(火)   No.2533 (プライベート)

都営バスの24時間運行

東京都は29日、昨年12月に渋谷―六本木間で試験的に導入した都営バスの24時間運行について、10月末で終了すると明らかにした。猪瀬直樹・前都知事肝いりの施策だったが、利用客が低迷し、舛添要一都知事も終了を了承したという。

 都交通局は、猪瀬前知事の「東京のライフスタイルを変える」との意向を踏まえ、昨年12月21日から毎週土曜午前1時台から同5時台に、渋谷―六本木間で4往復するバスを運行。当初は1日平均240人の採算ラインを上回る290人が利用したが、翌月から1日平均60〜100人台に低迷。夏休みで需要増が期待された7月も67人、8月も73人で、試験運行の累積赤字は8月末で約270万円になっているという。

 都交通局の担当者は「ほかの公共交通機関への波及効果がなく、バスだけ動いても利用増は困難と判断した」としている。
2014年09月29日(月)   No.2532 (議員活動)

曽谷公民館の文化祭

恒例の曽谷公民館の文化祭に行ってきました。大勢の方の発表や展示を楽しませていただきました。
2014年09月28日(日)   No.2531 (議員活動)

いきいきセンターまつりのカラオケ

いきいきセンターまつりのカラオケ発表会がありました。知人がでるので見学に行きました。大勢の方が楽しむ姿に音楽はいいなと感じました。
2014年09月27日(土)   No.2530 (議員活動)

飲酒運転 ダメよ〜 ダメダメ――。

飲酒運転 ダメよ〜 ダメダメ――。熊本県警が県内にある道路上の電光掲示板で、流行語をもじった交通標語を次々に流して話題になっている。短く印象に残る表現のオンパレードで、インターネット上でも人気沸騰。「ありきたりの文言ではドライバーの記憶に残らない」と発案した県警の担当者。予想以上の反響にしてやったりの様子だ。
 「ダメよ〜、ダメダメ」は、いま人気の女性お笑いコンビ「日本エレキテル連合」がコントで使っている決まり文句で、テレビ番組出演をきっかけにいま大ブレーク中。県警は今月21日、このフレーズに乗せた飲酒運転撲滅を県内50カ所の電光掲示板で訴えた。普段は渋滞情報などを表示するものだが、あっという間にネットで写真とともに取り上げられ、全国に広まった
2014年09月26日(金)   No.2529 (プライベート)

大学や短大、高等専門学校を中退した理由

2012年度に大学や短大、高等専門学校を中退した約8万人のうち、2割が経済的理由で学校をやめていたことが文部科学省の調査でわかった。文科省は収入に応じて返済負担を軽くする奨学金の導入などを検討している。

 今年2〜3月、国公私立大学、短大、高専の計1191校を対象に、12年度の中退者数や理由などについて尋ねた。97・6%にあたる1163校(学生数約299万人)から回答があった。調査は07年度(09年公表)以来、2回目。

 中退者数は7万9311人で、前回調査よりも約1万6千人増えた。中退理由で最も多かった「経済的理由」(20・4%)は、3番目だった前回調査から6・4ポイント増(その他を除く)。
2014年09月25日(木)   No.2528 (議員活動)

2013年度の国語世論調査

「チンする」という言葉はよく使うけど、「タクる」「ディスる」は聞いたことがない――。名詞や外来語などに「る」や「する」を付けて動詞にする言い方について、文化庁が初めて調べたところ、そんな実態が明らかになった。

 調査は今年3月、2013年度の国語世論調査として、全国の16歳以上の男女3473人を対象に行い、2028人が答えた。

 同庁によると、名詞などに「る」「する」を付ける言い方は古くからあり、江戸時代の文献には、男女がいちゃつく「痴話(ちわ)る」という表現があるという。
2014年09月24日(水)   No.2527 (プライベート)

東京都国立市議会がヘイトスピーチを

東京都国立市議会は、民族差別や憎しみをあおるヘイトスピーチを禁止する法律を作るよう求める意見書を賛成多数で採択した。8月の国連人種差別撤廃委員会による日本政府への勧告を受けて市議が提案。意見書は近く、安倍晋三首相らに郵送するという。

 国連委は8月29日、在日コリアンに対するヘイトスピーチが、日本国内でデモやインターネットを通じて広がっていることに懸念を表明。表現の自由やデモの規制など権力の乱用に歯止めをかけながら、ヘイトスピーチを規制する法律や人種差別を禁ずる法律の制定を政府に要請した。

 19日に可決した意見書は「勧告を誠実に受けとめ」「社会的マイノリティーへの差別を禁止する新たな法整備がなされる」ことを求めている。議長をのぞく20人のうち、19人の市議が賛成した。意見書は首相のほか、衆参両院、法務省にも提出する。

 提案者の一人、上村和子市議は「政府や国会が速やかに対処するよう、意見書がそのバックアップになれば」と話す。一方で、市議会事務局によると、22日、「意見書を撤回すべきだ」「表現の自由に抵触する」などの反対意見が電話で15件寄せられたという。

 ヘイトスピーチ問題に取り組む師岡康子弁護士は「この問題では全国初の意見書だ。住民代表の声を真摯(しんし)に受け止め、国は人種差別撤廃に向けた取り組みを進めて欲しい」と話した。
2014年09月23日(火)   No.2526 (議員活動)

自転車対策協議会の例会

自転車対策協議会の例会がありました。日頃の地域の状況報告と八幡祭の自転車整理が議題となりました。
2014年09月22日(月)   No.2525 (プライベート)

八幡回遊展2日目

回遊展2日目は流しじゅんさい&そうめんを楽しませていただきました。市民会館を利用する回遊展もこれが最後だと思うと寂しく感じます。
2014年09月21日(日)   No.2524 (議員活動)

八幡回遊展

地元を見直す回遊展が、今年は八幡で今日からはじまりました。天気も前半はなんとかもちこたえ成功にスタートできました。大勢の方が見えていました。
2014年09月20日(土)   No.2523 (議員活動)

都議会の改革

都議会のヤジの問題で、協議会の座長の発言は今後に改善がみられないと感じた。議員の質や運営も良くなるとは思えない。
2014年09月19日(金)   No.2522 (議員活動)

動物愛護法違反

東京都大田区で猫を路面にたたきつけたとして、警視庁は18日、大田区蒲田1丁目、プログラマー久保木信也容疑者(33)を動物愛護法違反(愛護動物の殺傷)の疑いで逮捕し、発表した。区内では4月以降、猫45匹が相次いで不審死している。久保木容疑者が「4月から(自動車の)不凍液やインターネットで購入した農薬を餌に混ぜた」と話し、関与を認めている、と警視庁は説明している。

 保安課によると、久保木容疑者は18日午前2時半ごろ、大田区大森西6丁目の駐車場内で、猫1匹の首を絞めたうえ、路面にたたきつけた疑いがある。パトロール中だった警察官が、近くの路上で同3時20分ごろ職務質問。自転車の前かごに猫4匹の死体が入っていたという。

 久保木容疑者はこの日未明に農薬入りの餌を仕掛け、見回っていた。「ストレスと、(住民が)野良猫に餌をやっていて居着いていることへの憤慨から、猫を殺した」と供述しているという。自宅からは農薬の空容器が見つかった。8月に見つかった2匹の死体からはこの農薬と同じ成分が検出されたという。
2014年09月18日(木)   No.2521 (プライベート)

美濃加茂市の浄水設備設置をめぐる贈収賄事件

岐阜県美濃加茂市の浄水設備設置をめぐる贈収賄事件で、事前収賄などの罪に問われた市長の藤井浩人被告(30)の初公判が17日、名古屋地裁であった。藤井市長は「現金を受け取った事実は一切ありません。いずれも無罪です」と起訴内容を否認した。

 藤井市長は市議だった昨年3〜4月、市に浄水設備の導入を働きかけたことは認めている。裁判では、その見返りとして、設備会社社長の中林正善被告(44)=贈賄罪などで公判中=から現金を受け取ったかどうかが争われる。

2014年09月17日(水)   No.2520 (議員活動)

みんなの党

「出て行かれるなら仕方ない」「出て行くことはない」――みんなの党の浅尾慶一郎代表は16日、党運営をめぐり対立する渡辺喜美前代表と会談した。だが、2人の話し合いは物別れに終わった。

 両氏の話を総合すると、渡辺氏はみんなの党が安倍政権との連携を深めるよう主張。一方、野党再編も視野に入れる浅尾氏は「与党の下請けになると、選挙で約束したことと違う」と拒否し、「路線が違う。出て行かれるなら仕方がない」と述べた。渡辺氏は「(党の)創業者だから出て行くことはない」と拒み、逆に「浅尾さんこそ、党をつくったらどうか」と返したという。

 浅尾氏は記者団に「党の機関として決定すれば(渡辺氏に離党勧告を出す)可能性もある」と語ったが、党内には渡辺氏に近い議員もおり、みんなの党は分裂含みになっている。
2014年09月16日(火)   No.2519 (議員活動)

葛飾八幡宮の例大祭

毎年9月15日に行われる、葛飾八幡宮の例大祭がありました。厳かのなかにも盛大に執り行われる神事に歴史を感じました。
今日から農具市(ボロ市)が20日まで行われます。
2014年09月15日(月)   No.2518 (プライベート)

高齢者の人口推計

総務省は14日、「敬老の日」に合わせて15日現在の高齢者の人口推計を公表した。65歳以上の高齢者人口が3296万人(総人口の25・9%)、75歳以上が1590万人(同12・5%)となり、いずれも過去最高。「団塊の世代」の1949年生まれが65歳になったのが一因で、4人に1人が高齢者、8人に1人が75歳以上となる。

 70歳以上は2383万人(総人口の18・7%)、80歳以上は964万人(同7・6%)。男女別では、男性の高齢者が1421万人(男性人口の23・0%)、女性が1875万人(女性人口の28・7%)だった。

 また、5年ごとに行われる住宅・土地統計調査(2013年)によると、高齢者のいる世帯は2086万で、初めて2千万世帯を超えた。うち高齢者の単身世帯は552万世帯に達した。
2014年09月14日(日)   No.2517 (議員活動)

いちかわ産フェスタ

今日は、いちかわ産フェスタがありました。多くの企業、商店の方が持ち味を見せるフェスティバル。今年で10回目となりました。これからが方向性を含めて検証と改革が必要な時期に。応援していきたいと思います。
2014年09月13日(土)   No.2516 (プライベート)

全国の100歳以上の高齢者

全国の100歳以上の高齢者は、「老人の日」の15日時点で5万8820人になる見通しとなった。昨年から4423人増え、1971年(339人)から44年連続で過去最多を更新する。厚生労働省が12日、発表した。

 男女別では女性が約87%を占める。人口10万人あたりで最も多いのは島根県の90・17人。高知県(86・44人)、鳥取県(79・58人)が続いた。最も少ないのは埼玉県(26・88人)だった。

 国内の最高齢者は、2年連続で大阪市の大川ミサヲさんで116歳。昨年、ギネスワールドレコーズで世界最高齢に認定された。特別養護老人ホームで暮らしていて、食欲が旺盛で刺し身が好物。月数回は車いすを自分で操るという。

 男性の最高齢者も昨年に続いてさいたま市の百井盛さんで、111歳。入院中だが普通食をとり、院内の行事にも参加。周りの人の問いかけに筆談を交えて受け答えしているという。

 自治体から住民基本台帳の数字の報告を受けて厚労省が集計したため、所在が確認できない人が含まれている可能性がある。一方、今年度中に100歳を迎える高齢者は2万9357人で、昨年度から1188人増えた。こちらは各自治体が所在を実際に確認した人数になる。対象者には老人の日にあわせ、首相からの銀杯などが贈られる。

市川市も100歳以上の方は100人以上いらっしゃいます。
2014年09月12日(金)   No.2515 (議員活動)

兵庫県議会の政務活動費

兵庫県議会(定数89)の政務活動費をめぐる問題で、所属議員の支出を調べていた全会派から、支出に不適切な点が見つかったと申告があったことが県議会関係者への取材でわかった。合計で少なくとも十数人にのぼり、返還する意向を示している。返還額は1人あたり数百円〜100万円程度という。

 辞職した野々村竜太郎元県議の問題を受け、各会派の幹部が所属議員の過去3年分の支出内容を調べていた。10日、返還する不適切な支出の金額や使途などを記した調査結果を、各会派の代表による「政務活動費のあり方検討会」座長の石堂則本県議あてに提出した。この日は具体的な中身は明らかにされず、石堂座長は「検討会で相談し、できるだけ早く公表する」としている。

 県議会の政活費をめぐっては、これまで自民党の加茂忍県議が熊本や長崎を夫婦で訪れた宿泊代など約6万8千円や、インドネシア・バリ島で購入した絵画代1万6千円を支出したことが判明。議会関係者によると加茂県議は一部返還の意向を示しているという。

しっかりと精査し、きっちり返還が当たり前。
2014年09月11日(木)   No.2514 (議員活動)

全盲生徒への暴行

JR川越駅前のコンコースで登校中だった全盲の女子生徒が何者かに足を蹴られ負傷した事件で、生徒が通う県立特別支援学校の塙(はなわ)保己一(ほきいち)学園は10日朝、全校生徒らに事情を説明して注意を呼びかけるとともに、登下校時の駅に教職員を配置した。川越署は暴行や傷害の容疑で捜査を始めた。

 学園によると、女子生徒は8日午前7時50分ごろ、白い杖を頼りに点字ブロックの上を歩いていた際、正面から歩いてきた人が杖にぶつかって転倒。その人物に右ひざの裏を蹴られたとみられる。医療機関から約3週間のけがと言われたといい、女子生徒は痛みで実習授業を受けるのも困難な状態という。

 学園は10日朝、幼稚部〜高等部のホームルームの時間に、各担任が事件の概要を説明。「怖い目に遭ったら、大声を出して周囲に助けを求めて」などと話した。9日からは、校長ら複数の教職員が、スクールバスのバス停と駅構内の間で、登下校する生徒らに付き添っている。

 学園側から相談を受けた川越署は、コンコース内の店舗や通勤客らに聞き込み捜査を始め、防犯カメラの映像を調べている。10日朝には目撃情報を求める看板を改札口近くに立てた。当面の間、制服姿の署員が付近を警戒するという。

 女子生徒は9日の取材で、「怖かった。蹴った人は私とわかっても、私には誰かわからない。今も駅に行けば、その人が居るのでは、と緊張してしまう」と話している。

弱者に対してのこの事件、本当に情けない。犯人が早く捕まることと、今後起きないことを祈りたい。
2014年09月10日(水)   No.2513 (議員活動)

9月定例会の委員会

委員会審議が今日で終わった。提出議案に対して、修正議案を提出し、委員会で多数可決となった。本会議での結果を見守りたい。
2014年09月09日(火)   No.2512 (議員活動)

9月定例会

議案の質疑が終わりました。値上げの議案があり、慎重に審議をしている。市民に負担が増えるが、公平性とはどういうものかも考えたい。
2014年09月08日(月)   No.2511 (議員活動)

カラオケまつり

市川カラオケ連合会の「カラオケまつり」がありました。審査がない分楽しそうに歌っていました。
2014年09月07日(日)   No.2510 (プライベート)

保育園児の声は騒音? 近隣住民の1人が提訴 神戸

「子どもたちの声がうるさい」。神戸市東灘区の保育園をめぐり、近隣住民の1人が、防音設備の設置や慰謝料100万円の支払いを求める異例の裁判を神戸地裁に起こした。静かな暮らしを望む住民側と折り合えず、保育園建設が難航するケースも各地で相次ぎ、共存が大きな社会問題になっている。

 5日にあった第1回口頭弁論で、園側は請求棄却を求めた。一方で原告の70代男性は、保育園の開園前からの住民で、「自由に窓を開けられる以前の生活環境を取り戻したい。親には心地よい声も毎日聞かされる他人には苦痛です」と意見を述べた。

 問題となった保育園は、神戸市が認可し、岡山県の社会福祉法人が建設会社の倉庫跡地に2006年に開園した。鉄筋コンクリート2階建てで、園庭がある。近くに阪神高速神戸線が通り、住宅や工場が立ち並ぶ一角にある。園児は現在144人。

難しい問題。小学校でもよく苦情がある。受忍できる範囲はどのくらいなのだろうか?
2014年09月06日(土)   No.2509 (議員活動)

9月議会が開会

9月定例議会が今日開会した。重要な議案もあり、市民のための判断をしていきたい。


提出議案一覧

市長提出

議案第11号

市川市一般職員の給与に関する条例の一部改正について

議案第12号

市川市税条例の一部改正について

議案第13号

市川市使用料条例等の一部改正について

議案第14号

使用料等に消費税等相当額を円滑かつ適正に反映させるための関係条例の整備に関する条例の制定について

議案第15号

市川市国民健康保険税条例の一部改正について

議案第16号

市川市道路占用料条例の一部改正について

議案第17号

市川市営住宅の設置及び管理に関する条例の一部改正について

議案第18号
市川市立幼稚園の設置及び管理に関する条例の一部改正について

議案第19号

市川市放課後保育クラブの設置及び管理に関する条例の一部改正について

議案第20号

平成26年度市川市一般会計補正予算(第1号)

議案第21号

平成26年度市川市国民健康保険特別会計補正予算(第1号)

議案第22号

平成26年度市川市地方卸売市場事業特別会計補正予算(第1号)

議案第23号

平成26年度市川市介護保険特別会計補正予算(第1号)

議案第24号

平成26年度市川市後期高齢者医療特別会計補正予算(第1号)

議案第25号

都市計画道路3・4・18号道路築造工事第4-1工区請負契約について

議案第26号

国分第1排水区水路改良工事請負契約について

議案第27号

市川市防災行政無線(同報系)再整備工事請負契約について

議案第28号

補助金返還請求事件に関する訴えの提起について

認定第1号

平成25年度市川市一般会計、特別会計及び公営企業会計決算の認定について

報告第19号

健全化判断比率について

報告第20号

資金不足比率について

報告第21号

継続費の継続年度終了による精算について

報告第22号

市川市新型インフルエンザ等対策行動計画に関する報告について

報告第23号

専決処分の報告について

報告第24号
専決処分の報告について

報告第25号

専決処分の報告について

2014年09月05日(金)   No.2508 (議員活動)

子宮頸がんワクチンの接種後

子宮頸(けい)がんワクチンの接種後に長期的に痛みなどの症状を訴える事例が相次いでいる問題で、女性患者32人の髄液を調べたところ、脳に障害が起きている可能性があると、国立病院機構静岡てんかん・神経医療センター副院長の高橋幸利医師が4日、金沢市で開かれた日本神経免疫学会学術集会で発表した。

 これまでに痛みなどの原因は明らかになっていない。高橋医師は、ワクチンとの因果関係は不明としたうえで、本来なら細菌やウイルスの侵入を防ぐ免疫に異常が生じ、自らの脳の機能に様々な障害を引き起こしている可能性を指摘した。北海道立子ども総合医療・療育センターとの共同研究結果として発表した。

 髄液を調べたのは、昨秋以降に両施設で検査・治療を受けた15〜20歳の32人。接種して数カ月〜1年以上たってから、痛みのほかに「視野が狭まる」「引き算ができない」「自分の名前や母親がわからない」「強い不安や恐怖感」といった多様な症状を訴える。32人の髄液と、接種をしていない10〜40代女性の髄液を比較。32人からは、炎症などを起こす様々な免疫活性物質や、白血球からつくられる複数の抗体が、高い数値で検出されたという。

慎重な調査を期待して、真相を究明してほしい。
2014年09月04日(木)   No.2507 (議員活動)

愛知県新城市議会の本会議一般質問で

愛知県新城市議会の本会議一般質問で、長田共永市議(49)=3期=が「婚姻届を出した人に穴の開いたコンドームを配っては」などと発言した問題で、同市議会の政治倫理審査会は3日、長田市議を処分しないと発表した。「品性に欠ける発言」と認定したが、「市議会の政治倫理条例に違反するまでの重篤な事実は認められない」と結論づけた。

 長田市議は6月18日の本会議で、来年10周年を迎える市町村合併の記念事業案として発言。別の市議が7月14日にブログで取り上げ問題になった。

 市議会は7月30日、同条例に基づき政治倫理審査会を設置。「市議会の品位と名誉を著しく汚すものである」などと問題視し、長田市議への聴取や学識経験者から意見を聞くなどしてきた。

 処分を見送った理由として、‘云鯲磴想定する金品の授受や口利きなどの具体的な違法、不正な行為ではない◆嵒憤未般祥澄廚箸い辰臣蠑歸、理念的な基準に違反したとして措置の対象とするのは議員の言論活動を萎縮させかねない資質やモラル水準は有権者が選挙を通じて議員の責任を問うべきもの、などを挙げている。

議会で発言するべき内容ではない。
2014年09月03日(水)   No.2506 (議員活動)

政務活動費

元兵庫県議の野々村竜太郎氏(48)の政務活動費をめぐる問題で、野々村氏が収支報告書に切手代として添付した領収証の金額欄の一部に改ざんの疑いがあることが捜査関係者への取材でわかった。県警は、野々村氏が政活費を水増し請求した可能性があるとみて調べている。

 捜査関係者によると、改ざんの疑いがあるのは、金券ショップが発行した2013年5月6日付の領収証のコピーで、金額欄は「22270」。だが、県警が店側の販売記録と照合したところ、同額の記録はなかった。2270円の記録はあったという。万の位の欄に「2」を書き加えた可能性があると県警はみている。

 野々村氏は初当選した2011年度から3年間の収支報告書に、神戸や大阪市内などの金券ショップが発行した領収証約250万円分を切手代として添付。捜査関係者によると、約250万円の大半が商品券や切符購入に充てられた疑いもあるという。

ここまでくると、完全に犯罪。しっかりと調査して、結論をすべき。
2014年09月02日(火)   No.2505 (議員活動)

生活保護を3市から同時に受給か 詐欺容疑で再逮捕

複数の自治体から同時期に生活保護費を受給していたとして、静岡県警は1日、住所不定、無職春日野美保容疑者(48)=詐欺罪などで公判中=を詐欺の疑いで再逮捕し、発表した。春日野容疑者は黙秘していると県警は説明している。

 発表によると、春日野容疑者の再逮捕容疑は2009年5月から東京都三鷹市から生活保護費を受給していたのに、昨年3〜5月に川崎市から5回にわたり生活保護費計約64万円をだまし取ったというもの。

 春日野容疑者は12年12月〜昨年9月に相模原市から約176万円、昨年10月〜今年1月に神奈川県藤沢市から約65万円の生活保護費をだまし取ったとして逮捕された。昨年3〜5月は三鷹、相模原、川崎の3市から生活保護費を受け取っていた疑いがある。

行政間で情報の交換が行われないことでおきたこと。しかし、住民票を動かせばわかるのに。
2014年09月01日(月)   No.2504 (議員活動)

<<2014年09月>>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

2014年09月30日(火)
地区社会福祉協議会の..
2014年09月29日(月)
都営バスの24時間運..
2014年09月28日(日)
曽谷公民館の文化祭
2014年09月27日(土)
いきいきセンターまつ..
2014年09月26日(金)
飲酒運転 ダメよ〜 ..
2014年09月25日(木)
大学や短大、高等専門..
2014年09月24日(水)
2013年度の国語世..
2014年09月23日(火)
東京都国立市議会がヘ..
2014年09月22日(月)
自転車対策協議会の例..
2014年09月21日(日)
八幡回遊展2日目

記事検索

OR AND
スペースで区切って複数指定可能
++HOME++

[Admin] [TOP]
shiromuku(fs6)DIARY version 2.41