++稲葉健二のプログ++

「父の恫喝に屈した」市教委がアンケート渡す 小4死亡

千葉県野田市の小学4年、栗原心愛(みあ)さん(10)が自宅で死亡した事件で、市と市教育委員会が31日に会見し、心愛さんが父親の栗原勇一郎容疑者(41)=傷害容疑で逮捕=からの「いじめ」を訴えたアンケートのコピーを、市教委が栗原容疑者に渡していたことを明らかにした。市教委は「恫喝(どうかつ)」されたと説明した。一方、厚生労働省は、市教委の行為が違法だった可能性を指摘している。

小4死亡、父親が学校にうその説明か「沖縄にいて休む」
「殺してやる」「黙れ」 小4死亡、1年前から怒鳴る声

 市と市教委によると、心愛さんは2017年11月6日、当時通っていた野田市立山崎小のアンケートで父親からのいじめを訴えた。これを機に、心愛さんは千葉県柏児童相談所に12月27日まで一時保護された。

 翌年1月12日、栗原容疑者と妻(31)、学校、市教委指導課が今後の対応を話し合った際、栗原容疑者は「訴訟を起こすぞ」「(一時保護解除は)暴力がないあかしだ」などと学校の対応を批判。アンケートを見せてコピーを渡すよう強く求めた。学校側は「たたかれた」と内容の一部を伝えたが、市教委は個人情報であり「本人の同意がない」といったん拒否した。

 しかし、15日に栗原容疑者と妻が子どもの字で書かれた同意書を持って現れ、心愛さんに確認せず、同課の矢部雅彦課長の判断でコピーを渡したという。この頃、学校は保護者への情報開示などを約束する念書も書かされ、栗原容疑者に渡していた。

 心愛さんは18日に市内の別の学校に転校。2回あったアンケートでいじめを訴えることはなかった。

 矢部課長は「(12日の面会で担当者が)大きな声で恫喝され、威圧的な態度に恐怖を感じ、強い要求に屈してしまった。その後、どのような影響が出るか、心にひっかかりながらも渡してしまった」と話した
2019年01月31日(木)   No.4005 (議員活動)

中学のいじめ調査資料「隠した」 元生徒、川口市を提訴

埼玉県川口市立の中学校に通っていた元男子生徒(16)が、いじめに関する情報公開請求で開示されていない文書があるのは違法だとして、市を相手取り、文書の開示などを求める訴訟をさいたま地裁に起こした。元生徒側が30日、明らかにした。

 訴えなどによると、元生徒は昨年卒業した中学校で同級生などからいじめを受け不登校になった。市教育委員会が設置した第三者委員会は「不登校はいじめが主因」とする報告書をまとめている。

 元生徒側は昨年1月、いじめに関する全資料を市教委に請求し、学校の報告(6ページ)と市教委の対応(12ページ)が開示された。しかし、県教育委員会に文部科学省や市教委とのやりとりの記録の開示を求めると、約300ページが5月末に開示された。さらに11月、市作成の文書の公開を県教委に求めたところ、保護者の聞き取り調査結果など約100ページに及ぶ資料が今月11日、開示された
2019年01月30日(水)   No.4004 (議員活動)

東菅野中央自治会の新年会

今日は、東菅野中央自治会の新年会にお招きいただきました。盆踊りや運動家など付き合いの深い自治会の皆さんとの意見交換はとても楽しい時間でした。
2019年01月29日(火)   No.4003 (議員活動)

東菅野中央商店会の新年会

今日は、地元の東菅野中央商店会の新年会にお招きいただきました。日頃なかなか話せない方たちとの意見交換は、あっと言う間に過ぎてしまいました。
2019年01月28日(月)   No.4002 (議員活動)

市川カラオケ連合会の総会

今日は、私が会長をさせて頂いている、市川カラオケ連合会の総会と新年会がありました。今年はチャリティーカラオケ大会が記念の70回を迎えます。がんばっていきたいと思います。
2019年01月27日(日)   No.4001 (プライベート)

大芝原のもちつき大会

今日は、地元の大芝原の餅つき大会に参加させて頂きました。大勢の方たちと一緒に餅つきを3臼ついてまいりました。
2019年01月27日(日)   No.4000 (議員活動)

小4女児死亡の小学校、スクールカウンセラー配置

千葉県野田市山崎のマンションで小学4年の栗原心愛(みあ)さん(10)が死亡し、父親の勇一郎容疑者(41)が傷害容疑で逮捕された事件を受け、心愛さんが通っていた市立二ツ塚小学校は26日、緊急の保護者会を開いた。杉崎哲実校長はスクールカウンセラーを校内に配置したことを説明し、「児童の心のケアを優先していきます」と話したという。

死亡の女児、「父親からいじめ」と訴え 繰り返し虐待か

 保護者会は午後5時から45分ほど非公開で行われ、約130人が参加した。杉崎校長によると、保護者からは「学校は児童虐待をどのように把握するのか」「確認できた場合、どのように対応するのか」「カウンセラーに自分から相談できないような性格の子はどうするのか」といった質問が出た。

 杉崎校長は「子どもの表情や発育状況をよく見て、気になる子がいれば市や市教委と連携して対応していく」「元気がない子がいれば、相談をするように促していきたい」などと答えた。子どもとの接し方について不安を口にする保護者もおり、杉崎校長は「いつもと違う様子があれば気をつけて見てあげてほしい」と応じたという。

 杉崎校長は朝日新聞の取材に、「子どもたちや保護者が事件について不安を感じていることをしっかり受け止め、子どもたちが安心して学校に通える環境を整えたい」と話した
2019年01月26日(土)   No.3999 (議員活動)

市川市芸術文化団体協議会の新年会

今日は、市川市芸術文化団体協議会の新年会に参加しました。私が会長をさせていただいている市川市芸能協会も参画させています。芸術文化の振興に一歩でも進めるように応援していきたいと思います。
2019年01月25日(金)   No.3998 (プライベート)

宅建協会の新年会

今日は、宅建協会の新年会にお招きいただきました。市川市、浦安市、鎌ヶ谷市の不動産業の方たちと情報交換をさせて頂きました。
2019年01月24日(木)   No.3997 (議員活動)

新道商店会の新年会

今日は、私が顧問をさせて頂いています、新道商店会の新年会にお招きを頂きました。商店会の現況やこれからの商店会などの意見交換はとてもありがたいと思います。
2019年01月23日(水)   No.3996 (議員活動)

保護司会の新年会

今日は、市川浦安保護司会の新年会に参加させて頂きました。日頃から更生保護活動を行っている方たちとの情報交換はありがたい時間です。
2019年01月23日(水)   No.3995 (議員活動)

市川市高齢者クラブ5部会の新年会

今日は、市川市高齢者クラブ5部会の新年会にお招きいただきました。毎年参加させて頂いていますが、元気な高齢者の皆さんの笑顔に元気を頂いています。
2019年01月22日(火)   No.3994 (議員活動)

議会運営委員会の視察

今日は、志木市の議会運営委員会の皆さんの視察がありました。新庁舎建て替えに向けて、市川市に視察にみえました。市川市の状況を説明したうえで意見交換をさせて頂きました。
2019年01月21日(月)   No.3993 (議員活動)

市川市防災訓練

今日は、市内39校の小学校を中心に防災訓練が行われました。小学校区防災拠点協議会を中心に行われました。拠点協議会はまだ、5校が立ち上がっていません。また、拠点ごとに活動や意識の共有も温度差があります。いざという時のために前に進めて行きたいと思います。
2019年01月20日(日)   No.3992 (プライベート)

市職員PC、18時に強制オフ 16時までに残業申請を

佐賀県唐津市は1月から、職員が事前に時間外勤務の申告をしなかった場合、その職員の業務用パソコンを午後6時にシャットダウンする運用を始めた。時間外勤務手当の対象になる副課長以下の約960人が対象。「働き方改革」の一環で、県内の自治体では初めてとみられるという。

 市職員課によると、職員の勤務時間は午前8時半から午後5時15分まで(保育所、近代図書館などシフト制職場をのぞく)。時間外勤務をする職員は午後4時までにシステム上で事前申請し、課長が午後4時半に決裁する。

 事前申請をしなかった場合、午後5時半に、パソコンの画面に「まもなく(18時00分)端末がシャットダウンします」「直ちに作業している内容の保存を行い、ソフトウェアを終了してください」といった内容の予告メッセージが現れる。午後6時には画面が消える。

 1月4日に運用を始めてから、毎日50〜100件程度の事前申請が寄せられているという。職員課で集約し、時間外でもその職員のパソコンを使えるようにサーバーを設定している。1月は移行期間のため、事前申請なしでシャットダウンされた後でもそのまま再起動できるが、本格実施される2月以降は再起動するのに緊急認証カードが必要になる。

 大阪府寝屋川市の取り組みを参考にした。唐津市は時間外勤務手当として、2016年度に3億4912万円(1人あたり約28万7千円)、17年度に3億1585万円(同約25万7千円)を支給している。

 職員課の担当者は「事前申請の徹底により、上司が職員の働き方を把握できる。業務を見直し、効率化を進めて負担軽減や、最終的には人件費の抑制につなげたい」と話している
2019年01月19日(土)   No.3991 (議員活動)

都立高校の教員が体罰 生徒引きずる動画がネットで拡散

東京都立町田総合高校(町田市)で、男性教員が生徒に暴力を振るっていたことが18日、わかった。その際の様子を映したとみられる動画がツイッター上で拡散。学校側は、動画の内容を把握し、「教員が体罰をした」と取材に認めた。都教育委員会も報告を受けており、処分を検討する。

 同校によると、校内で体罰があったのは15日。ツイッター上の動画では、教員とみられる男性が口論の後、生徒の顔に手を出し、倒れた相手をつかんで引きずる様子が撮影されていた。男性が「ふざけんじゃねえよ。誰に言ってるんだよ」と怒鳴り、他の生徒が止めに入る様子もあった。

 同校によると、生徒は口の中が切れるけがをした。男性教員は「感情的になってしまった。反省している」と話し、現在は生徒指導から外れているという。信岡新吾校長は「体罰はダメだと常々、教員に指導してきた。生徒に申し訳ない」と話した。

 都教委にも15日、学校側から「体罰があった」と報告があったという。
2019年01月18日(金)   No.3990 (議員活動)

試験中、トイレで退室 認める?認めない?司法判断は…

試験中に、トイレのために一時退室できないのは不合理だ――。日商簿記1級の検定試験で途中退室し、結果が不合格となった都内の男性がこう主張し、試験を実施した東京商工会議所に受験料の賠償や慰謝料を求める訴訟を起こした。しかし、東京地裁(篠原敦裁判官)は「どんなルールを定めるかは実施者の裁量」として請求を退けた。

 10日にあった判決によると、簿記試験は開始から30分以内の退室や、それ以降に退室した場合の再入室を規則で禁止している。2017年11月に1級検定を受けた男性は、開始15分後からトイレを我慢し、30分を過ぎた後に行ったため、再入室できずに帰宅。結果は不合格だった。

 訴訟で男性は「完全にコントロールできない生理現象に配慮する義務が東商にはある」と訴えた。東商は、「退室を認めると、携帯電話を使ったカンニングにつながる恐れがある」などと、ルールの正当性を主張していた。

 判決は「トイレが原因で、実力を発揮できない受験者が出る可能性はある」とする一方、「カンニングを完全に排除できない」という東商の主張を認めた。試験自体は1コマ90分で、15分の事前説明を含めた着席時間は105分間。判決は「過剰な水分摂取を控えれば、トイレに行かずに済む場合が多い」とも指摘した。

 日商簿記は年間約55万人が受験する。1級は最難関で、公認会計士や税理士への登竜門といわれる。
2019年01月17日(木)   No.3989 (議員活動)

中1自殺は「担任の指導原因」 奄美市教委、報告修正へ

鹿児島県奄美市で2015年、市立中1年の男子生徒(当時13)が自殺した問題で、市教育委員会が原因を「担任教諭の指導」と認めたことがわかった。「不明」としていた文部科学省への報告も近く修正する。市が設けた第三者委員会が昨年12月、担任の不適切な指導が原因とする報告書を提出していた。

 第三者委の報告書によると、男子生徒は15年11月4日、同級生に嫌がらせをしたとして、他の生徒4人と共に担任から叱責(しっせき)された。その後、担任の家庭訪問を受けた後に自殺した。嫌がらせとされた内容は、男子生徒の方言が悪口のように誤解されただけだったという。このため報告書は、丁寧に事実確認しなかった担任の対応を不適切とし、「追い詰めたことは明らか」と結論づけていた。

 自殺原因について市教委は、学校長を集めた会議で「いじめた側が責任を感じて自殺」と説明。文部科学省には県を通じて「原因は不明」と報告していた。

 市教委の元野弘・学校教育課長は「第三者委の指摘を真摯(しんし)に受け止めた」とし、年度内に再発防止策の検証チームを発足させるとしている
2019年01月16日(水)   No.3988 (議員活動)

受験生の母親の心配 最多は「風邪やインフルエンザ」

19日には大学入試センター試験が始まり、今年も本格的な受験シーズンを迎えます。受験生をめぐる現状や本番に臨む心構えを、専門家に聞きました。


 受験生の子がいる母親が最も心配するのは「風邪やインフルエンザにかかること」――。マーケティング会社「日本能率協会総合研究所」が昨年11月に実施した調査で、受験生の生活の様子や保護者の思いが明らかになった。

 調査はインターネット上で行われ、小学校受験を予定する未就学児から高校3年生まで、受験生の子どもがいる母親約1500人が回答した。

 これによると、受験生全体の通塾率は58・4%。また平日に塾で食事をとる受験生は全体で27・9%、休日に塾で食事をとる受験生は全体で44・6%だった。

 また、受験生の体調管理に「気を配っている」と答えた母親は78・2%。中でも「非常に気を配っている」と答えたのは中学受験を控えた子がいる母親が最も多く、36・9%だった。

 また、受験を控えた子どもに関して心配していること(複数回答)として「風邪やインフルエンザにかかること」が72・4%で最も多く、次に「体調管理」が65・6%、「勉強・学業」が48・3%と続いた。風邪予防などで既に利用しているものとして「ヨーグルト」と「マスク」が50%を超えた。
2019年01月15日(火)   No.3987 (議員活動)

年頭祈願祭

今日は、葛飾八幡宮の年頭祈願祭に参列させて頂きました。心新たに年頭祈願をさせて頂きました。
2019年01月14日(月)   No.3986 (議員活動)

市川浦安地域獣医師会の新年会

今日は、市川浦安地域獣医師会の新年会にお招きいただきました。今後の市川市に、どのように協力や連携が出来るものなのか意見交換をさせて頂きました。とても有意義な時間となりました。
2019年01月13日(日)   No.3985 (議員活動)

大芝原自治会の新年会

今日は、大芝原自治会の新年会にお招きいただきました。地域の方たちとの意見交換は本当にありがたいと思います。
2019年01月13日(日)   No.3984 (議員活動)

市川市成人式

今日は、市川市の成人式がありました。多くの新成人の皆さんおめでとうございます。
2019年01月13日(日)   No.3983 (議員活動)

市川市消防出初式

今日は、市川市消防出初式が行われました。日頃から消防に関わる、常設消防、消防団、婦人消防クラブの方たちを中心に挙行されました。市川市にとって大切な方達です。
2019年01月12日(土)   No.3982 (議員活動)

子どもにカッときたら 怒りと上手につきあう3つの方策

子どもを怒鳴ったり、たたいたりするのはいけないと分かっていても、どうしようもなく、腹が立つことはあります。怒りをぶつければ、子どもは怖がり、周囲は嫌な思いをし、後悔と罪悪感が残るだけです。「怒り」との上手なつきあい方を教える講座があると聞き、記者は先月、受けてきました。

カッときたら6秒待って 怒りのピーク、やり過ごす

 1970年代に米国で始まった「アンガー(怒り)マネジメント」というものです。最近はパワハラ予防として企業研修などに採り入れられています。

 講師の島田妙子さん(46)は、小学2年生から約6年にわたり、実父と継母から虐待を受けました。父親は優しかったのに、再婚してから、人が変わり、暴力を振るいました。「いつか変わると期待し、願っていたから、我慢していた」そうです。

 「虐待をしてしまう親を救いたい」との思いで、自らの経験をもとに講演し、講座を開いています。受講する人の中には、子どもへの怒りを抑えられないことに悩む人も多いそうです。「親は自分を追い詰めてはいけない。怒りとの上手なつきあい方を知ってほしい」と言います
2019年01月11日(金)   No.3981 (議員活動)

高校エアコン代、一転県費で 猛暑「授業成り立たない」

福岡県教委は10日、県立高校のエアコン設置・維持費について、保護者負担から公費に切り替える方針を明らかにした。近年の猛暑を受け、「空調がないと授業が成り立たず、学校教育に必須」(城戸秀明教育長)と判断した。

 県教委によると、県立高でエアコンを設置し維持管理する費用は、保護者が生徒1人あたり年8千〜9千円程度を負担している。十数年前は「環境教育に逆行する」など公費負担に反対意見があり、各校でPTAが購入したり、リースを受けたりして維持してきた。

 県教委は新年度から、県立高校95校(中等教育学校を含む)のうち、未設の2校への整備や、既設のエアコン計約5千数百台の維持費をまかなうよう検討するという。

 県教委によると、昨秋の時点で、47都道府県のうち29県が県立高の空調費を保護者負担としている
2019年01月10日(木)   No.3980 (議員活動)

市川市芸術文化団体協議会理事会

今日は、市川市芸術文化団体協議会理事会がありました。市川市の芸術文化の核となる団体です。歴史とともに今後も進められるように応援していきたいと思います。
2019年01月09日(水)   No.3979 (プライベート)

紙おむつ、下水道に流して処理できるには?国交省が3案

使用済みの紙おむつを下水道に流して処理できないか――。下水道を担当する国土交通省が本気で検討中だ。トイレとは別の下水につながる専用装置を設置する。一部は、早ければ再来年度にも実用化する方針だが、プラスチックごみの海洋汚染が世界的な問題になるなど課題も多い。実現可能か?

 一見、奇抜にも映るアイデアを初めに考案したのは、官僚や不動産会社、住宅設備メーカーなどで働く女性による研究会だ。おむつを使うのは、幼児ばかりではない。2016年12月に公表した報告書で、高齢化が進む現状に言及。「排泄(はいせつ)の自立とおむつは、高齢者にとっても、支える家族や社会にとっても、大きな課題」と問題提起し、おむつを下水道を通して回収するシステムを提案した。

 この発想に国交省がさっそく反応した。人口減で、今後、下水道の処理能力に余裕が出てくるためだ。昨年から大学教授や自治体、業界団体の担当者を招いた検討会で具体策を検討。昨年3月に公表した「検討ロードマップ」には、.肇ぅ貽發吠愆錣箸亙未料置を設置。分離した汚物だけを装置から流し、おむつはごみとして回収△むつを装置で破砕し、途中で分離して汚物だけを流すA置でおむつを破砕し、専用配管で下水道に流す、の3案を盛り込んだ。

 実用化に向けた取り組みも加速させる。国交省は今年度、最も実現性の高い^討亮他攫存海魍始。委託を受けた大手電機メーカー「パナソニック」が現在、試作機を開発中で、年度内に高齢者施設で試用する。問題がなければ、再来年度からの実用化に踏みきる方針だ。同省によると、実現すれば海外でも聞いたことのない取り組みだという。


 「おむつから便を分離できればおむつの重さが軽くなり、職員の負担を軽減できる」。名古屋市の社会福祉法人の担当者はそう期待する。運営する特別養護老人ホームの場合、1日当たりの紙おむつは利用者20人ほどで多いときが90リットル3袋分。汚物が付くことで重くなり、運ぶには体力的な負担が大きいという。「臭いや衛生面でも改善が見込める」とも話す。

 おむつの処理は施設に限った問題ではない。おむつ製造などの業界団体「日本衛生材料工業連合会」によると、大人用のおむつの生産量は一昨年が78億枚。7年前の1・4倍に増え、高齢化で今後も増加が見込まれる。国交省は介護関連施設約500施設に加え、介護をする市民ら約4500人にアンケートを実施。紙おむつの下水道処理に対する社会的ニーズや、将来の紙おむつ使用枚数を都道府県別に推計する方針だ。

 ただ、普及に向けた課題は少なくない。これまでの検討会では、最も利便性の高い0討砲弔い董峅漆綟惨匹つまって浸水の恐れがある」などの否定的な意見も出た。環境へのリスクも検討する必要がある上、パルプやプラスチックでできている今の紙おむつは分解されず、海や川に流すには新商品の開発が必須だ。
2019年01月08日(火)   No.3978 (議員活動)

市川商工会議所の賀詞交歓会

今日は、市川商工会議所の賀詞交歓会がありました。市川市の商工業の中心となる方たちとの情報交換は非常にありがたい時間となりました。
2019年01月07日(月)   No.3977 (議員活動)

つい子に体罰「自己嫌悪ずっと」 広がる禁止論、実態は

家庭で「しつけ」として、親が子どもをたたく。スポーツでは「指導」として、指導者が選手を殴る。家庭でもスポーツの現場でも、強い立場の大人が弱い立場の子どもたちを、「実力行使」によって言うことを聞かざるを得ない状況に追い込む点で共通性があります。今回はその両者を一緒に考えてみます。子どもに体罰、必要でしょうか?


 昨年、東京都目黒区で5歳の女の子が、十分に食事をもらえず、親から殴られたり水をかけられたりという虐待を受けていた事件がありました。亡くなった女の子がノートに記した言葉が公表されたことで、事件は注目を集めました。その後も子どもへの虐待事件は相次いでいます。

 虐待は、体罰の延長にあると言われます。最初は暴言や、軽い体罰から始まり、深刻な暴力へとエスカレートすることがあるからです。

 虐待を減らすため、国は近年、体罰によらない子育てをしようと呼びかけています。しかし、実際には、体罰を認める意識は根強くあります。20歳以上の男女の約6割が体罰を容認しているという調査もあります。しつけのためにはやむを得ないと考える人が多いようです。

 法律では、親の体罰は明確に禁止されていません。2016年、しつけを名目にした虐待が後を絶たないことから、児童虐待防止法が改正されました。これにより、監護、教育に必要な範囲を超えて、親が子どもを懲戒してはいけないことになりました。教師については、体罰が明確に禁止されているのに対して、親についてはあいまいです。
2019年01月06日(日)   No.3976 (議員活動)

保育園に通訳、増える外国籍の子 難しい親との意思疎通

外国にルーツがある子どもが保育園に増えている。現場では、言葉や生活習慣の違いから特別な対応が必要なことが多く、困惑の声も上がる。安倍政権は外国人労働者を増やそうとしているが、保護者が就労する間の子どもの受け入れ方は自治体任せなのが実情だ。

 中国、ベトナム、ラオス……。神奈川県綾瀬市の認可保育園「さくらチャイルドセンター」のくつ箱やロッカーには、さまざまな国にルーツのある子どもたちの名前が記されている。70人の園児のうち、外国から来た子どもは10人。同市に多くある工場で外国人労働者が増えたことを機に、10年ほど前から外国にルーツのある子どもが増え、クラスの半数が日本語が母語でない子になることもあった。

 子ども同士は日本語の習得が早いし、仲良く遊び始めることも多いが、園と保護者とのコミュニケーションは難しいという。「家庭での生活を把握できない」「注意事項やお願いをどう伝えていいのか」などの声が現場の保育士からは寄せられる。吉原美弥子園長によると、外国にルーツのある子どもが入園するとわかるのは、市から入園予定児の名簿が来るときだという。入園直前になりがちで、職員を増やすなど準備時間が少なく、親とどの程度、意思疎通できるかわからないことが多い
2019年01月05日(土)   No.3975 (議員活動)

ICU診療、遠隔から専門医が支援 「人の目を増やす」

重症患者が入る集中治療室(ICU)をネットワークでつなぎ、遠隔地から専門医が診療を支援する試みが国内で始まった。診療の質を底上げし、医師の長時間労働の改善にもつながるとの期待があり、国も体制整備にのり出す方針だ。

 全国に先駆けて、昨年4月から実証研究を始めた昭和大学。米国で普及する医療機器大手フィリップス社のシステムを日本貿易振興機構(JETRO)の支援事業で導入し、昭和大学病院(東京・品川)と同大の江東豊洲病院を結ぶ。ICUや救命救急センターの入院患者約50人の情報は、昭和大学病院の中央棟の支援センターに集まる。

 センターは大嶽浩司・副病院長が率い、集中治療専門の医師、看護師、事務職員がスタッフ。机上に設置された6枚のモニターに向かい、患者の状態をチェックして、必要に応じてテレビ電話で現場の医師や患者と言葉を交わす。

 呼吸数や心拍数などから重症度をはじき出し、状態の悪い順に患者の情報を表示できる。個別のカルテも見ることができ、検査結果はグラフで表し、一目で変化がわかる。ベッド前のカメラをズームアップさせれば、傷の具合や呼吸による胸の動きも見て取れる。

 「ICUの中でも患者の状態は様々。人の目を増やすことで診療レベルの底上げにつながる」と集中治療科の小谷透・診療科長。診療方針を決める責任は現場で患者を診ている医師が担う。「現場が何に困っているかをカルテなどから読み取り、納得できる選択肢を示していくことが大切
2019年01月04日(金)   No.3945 (議員活動)

初詣

今年も神社に初詣に行きました。毎年参拝者が増えているようです。少し気になったのは、参拝の約束事を知らない方も増えているように感じました。ルール通りとは難しいかもしれませんが、snsの時代ですから知ってから参拝という考えもあるのかと思いました。
2019年01月03日(木)   No.3944 (プライベート)

ふるさと納税

ふるさと納税の宣伝やニュースが流れています。返礼品の話題が多い中で市川市は、税金の流失が続いています。出る金額は9億円以上、入ってくる金額は2千万円台です。この差額は交付団体には国から支援がありますが、市川市は地方交付税不交付団体なので支援がなく、差額が不足となります。本来この目的は自分が応援してあげたい市町村を支援するものでしたが、返礼品で選択するようなかたちになり残念です。
2019年01月02日(水)   No.3943 (議員活動)

あけましておめでとうございます

皆様新年あけましておめでとうございます。
今年は統一地方選挙の年になります。4月7日が千葉県議会議員選挙、4月21日が市川市議会議員選挙の投票日となる予定です。
2019年01月01日(火)   No.3942 (議員活動)

<<2019年01月>>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

2019年01月31日(木)
「父の恫喝に屈した」..
2019年01月30日(水)
中学のいじめ調査資料..
2019年01月29日(火)
東菅野中央自治会の新..
2019年01月28日(月)
東菅野中央商店会の新..
2019年01月27日(日)
市川カラオケ連合会の..
2019年01月27日(日)
大芝原のもちつき大会
2019年01月26日(土)
小4女児死亡の小学校..
2019年01月25日(金)
市川市芸術文化団体協..
2019年01月24日(木)
宅建協会の新年会
2019年01月23日(水)
新道商店会の新年会

記事検索

OR AND
スペースで区切って複数指定可能
++HOME++

[Admin] [TOP]
shiromuku(fs6)DIARY version 2.41