++稲葉健二のプログ++

小学校の離任式、市役所の人事異動

今日で26年度が終了。小学校では離任式、市役所では異動の準備でばたばたしているようです。退任される方たちの今までのご尽力に感謝を申し上げるとともに新しい生活に頑張って欲しいと思います。
2015年03月31日(火)   No.2730 (プライベート)

市川商工会議所の総会

今日は市川商工会議所の総会がありました。27年度の事業、予算が承認されました。商工業の環境は決して良好ではありませんが、議員という立場と参与という立場で応援していきたいと思います。
2015年03月30日(月)   No.2729 (議員活動)

市川市洋舞踊協会

今日は市川市洋舞踊協会の発表がありました。日頃の成果を素晴らしい表現で楽しませていただきました。
2015年03月29日(日)   No.2728 (議員活動)

市政報告会

市政報告会を行いました。今後の市川市がどのように進むべきかも含めて伝えさせていただきました。
2015年03月29日(日)   No.2727 (議員活動)

自治会の防犯パトロール

恒例の自治会の防犯パトロールがありました。今回はいつもに増して吸殻が多く捨てられていました。マナー条例の看板が功をなしていないと思うとともにマナーを守らない人が増えています。
2015年03月28日(土)   No.2726 (プライベート)

自治会の防災訓練

門前自治会で初めての防災訓練を行いました。煙中体験、消火器訓練、三角巾の使い方など勉強をしました。地域のつながりも大切ですね。
2015年03月28日(土)   No.2725 (プライベート)

夫から暴行や暴言

夫から暴行や暴言といったドメスティックバイオレンス(DV)を受けた経験がある女性が4人に1人いることが27日、内閣府のアンケートでわかった。被害を受けた女性のうち11・4%は「命の危険を感じた」と答えた。一方、誰かに相談した女性は50・3%にとどまった。

 3年に一度の「男女間における暴力に関する調査」で、昨年12月に無作為に選んだ全国の成人5千人を対象に実施。結婚の経験がある女性1401人、男性1272人から回答を得た。

 女性の9・7%が被害に「何度もあった」、14・0%が「1、2度あった」と答えた。男性は3・5%が「何度もあった」、13・1%が「1、2度あった」と答えた。
2015年03月27日(金)   No.2724 (議員活動)

維新の党の残業代発言

維新の党の足立康史衆院議員は25日の衆院厚生労働委員会での質問で、元私設秘書に残業代を払わずに700万円を請求されたと明らかにし、「私は24時間365日、仕事をしている。夜中でも朝でも起きる。秘書だけに残業代を払うことはできない。ふざけるなと思う」と発言した。

 足立氏は「政治家の事務所は残業代を労働基準法にそって払える態勢か、問題提起したい」「労基法を直すために、国会議員になった」とも述べた。

 労基法は週40時間、1日8時間を超えて働かせてはならないと定める。企業がこれを超えて労働者を働かせる場合、労使協定を結び、労働基準監督署に届ける必要がある。また、時間外や休日、深夜に労働させた場合は、割増賃金を払う必要がある。

 足立氏は26日、朝日新聞の取材に対し「違法性は全く無い」と改めて述べた。理由として、秘書は同法が労働時間などの規定を「適用しない」と定める「機密の事務を取り扱う者」にあたると主張した。「ただ、発言が誤解を招き、お騒がせしたことは心からおわびする」とも述べた。

 ただ、秘書が「機密の事務を取り扱う者」にあたるかは、専門家の間で「実態を見ないと分からない。議員がどのような仕事を秘書にさせているかが重要だ」(労働問題に詳しい弁護士)との意見もある。
2015年03月26日(木)   No.2723 (議員活動)

市議会外部監査報告がでました

市川市議会の政務活動費の外部監査報告がでました。手引きとてらしての部分が主に書かれているものでした。今後どのように対応すべきかを考えたいと思います。
2015年03月25日(水)   No.2722 (議員活動)

選挙権年齢を18歳以上に引き下げる

選挙権年齢を18歳以上に引き下げる公職選挙法改正案が国会に提出されたことを受け、若者の政治参加を促す団体「ティーンズライツムーブメント」が24日、国会内で、政策討論や模擬投票を行った。都内の高校生ら約70人が参加した。

 高校生らは、自分たちが政党を立ち上げた前提で政策を議論。「累進課税を強化し、年金を削減する」「ネットに影響されず、中国や韓国とうまく関係を作らなければならない」などと主張した。

 イベントでは、与野党9党の議員もあいさつ。自民党の船田元・憲法改正推進本部長は公選法改正案について「一日も早く国会で成立をさせたい」と約束。民主党の江田五月・憲法調査会長は「皆さんも責任重大。18、19歳に選挙権を与えたら投票率が10%なんてことにしないように」と訴えた。
2015年03月24日(火)   No.2721 (議員活動)

端末の操作を誤り、救急車の出動が5分近く遅れた

東京消防庁で、119番通報を受け付ける職員が17日、端末の操作を誤り、救急車の出動が5分近く遅れたことが、同庁への取材でわかった。患者の乳児は心肺停止の状態で病院へ搬送後、亡くなった。同庁は「出動遅れと死亡との因果関係はない」としている。

 東京消防庁によると、通報があったのは17日午前4時8分。通報を受けた多摩災害救急情報センター(東京都立川市)の男性消防副士長(27)は、最寄りの消防署に出場指令を出した。だが、必要な操作端末のボタンを押し忘れ、署へ指令の音声が流れなかった。

 署の担当者が、パソコン画面上では出場指令が出ているのに音声が流れないことを不審に思い、センターに問い合わせて発覚した。同庁の検証では、ミスがなければ4分44秒早く救急車が出発できていたという。

 関係者によると、乳児は0歳の男児で、事故死とみられる。同庁は「操作手順の再徹底を図るなど再発防止に努める」としている。
2015年03月23日(月)   No.2720 (議員活動)

葛飾八幡宮の三十三周年式年大祭実行委員会

葛飾八幡宮の三十三周年式年大祭実行委員会がありました。2年後に大祭を迎える葛飾八幡宮が今後どのように動いていくかがよくわかりました。地域の大事な神社を応援していきたいと思います。
2015年03月22日(日)   No.2719 (議員活動)

子ども会の歓送迎会

地元の子ども会の歓送迎会がありました。卒園、卒業で新しい道に進む岐路は小さくても同じです。応援していきたいですね。
2015年03月21日(土)   No.2718 (プライベート)

野良猫などへの不適切な餌やりを禁止する条例

野良猫などへの不適切な餌やりを禁止する条例が20日、京都市議会本会議で可決、成立した。7月1日から施行される。背景には餌やりを巡るトラブルが相次いでいる実態がある。一方で「動物愛護の流れに反する」との声もある。

 条例では、野良猫など飼い主がいない動物に対し、餌を与えたまま片付けずに腐らせるなど、不適切な給餌(きゅうじ)で住民の生活環境に支障を生じさせた場合は、餌をやった人に対して勧告・命令を行い、命令違反の場合は10月1日から5万円以下の過料を科す。

 京都市には今年度、鳴き声や臭いなどの猫に関する744件の苦情が寄せられた(2月末現在)。一方で、昨年12月〜今年1月に条例案のパブリックコメントを募集したところ、約3千件の意見のうち2千件以上が「虐待にあたる」「京都のイメージダウン」などと反対する内容だった。

 避妊去勢手術などで野良猫を管理する「地域猫活動」をしている人たちからは「適切な餌やりをしている人に罰則が及んだり、批判の対象になったりするのでは」との声が上がる。

 市は説明会を開くなどして対応にあたり、条例案の名前も「動物による迷惑等の防止に関する条例」(仮称)から、「動物との共生に向けたマナー等に関する条例」に変更した。

 市は「条例は給餌を一律に禁止するのではなく、適切に行うことが目的。野良猫の命を軽んじるものではない」と説明している。
2015年03月20日(金)   No.2717 (議員活動)

西宮市議会のビデオ取材

兵庫県西宮市が報道機関の取材をビデオ撮影している問題で、市議会は19日、本会議を開き、撮影をただちにやめるよう今村岳司市長に求める決議案を全会一致で可決した。

 今村市長は1月、テレビ東京が制作したニュース番組で「偏向報道」があったとして、重要政策で市職員がテレビ局の取材を受ける場合、広報課員がその様子を撮影する方針を打ち出した。映像は「誤解を与える報道があった場合の確認用」とし、これまでに5件の取材を録画している。

 決議は撮影について「報道の自由を脅かす可能性があると報道され、結果として市の報道に対する態度や広報、情報公開の取り組みへの信頼性を毀損(きそん)する可能性が高い」と指摘した。
2015年03月19日(木)   No.2716 (議員活動)

八幡小の卒業式

母校の八幡小学校の卒業式に行ってきました。4年前に出席して以来です。今年は2月議会が短くなり、昨日で議会が閉会となり伺うことができました。卒業生と在校生の言葉の掛け合いに感動でした。
2015年03月18日(水)   No.2715 (議員活動)

一般質問を行いました

今日は一般質問を行いました。主に4つの項目を質問しました。地域の課題や子どもの課題、せて高齢者の課題、市民会館の建て替えなどを伺い、提言させていただきました。
2015年03月17日(火)   No.2714 (議員活動)

大阪市交通局の不適切な随意契約

大阪市は16日、交通局の一連の不適切な随意契約問題を受け、藤本昌信交通局長(59)を6カ月の減給処分(10分の1)にしたと発表した。処分を言い渡された藤本氏は記者団に「認識の甘さがあった。痛切に反省する」と語ったが、辞職については「全く考えていない」と続投を表明した。

 処分の理由は、|羯澆砲覆辰織◆璽肇ぅ戰鵐箸魎覯茲靴臣凌佑龍伴圓伴詑屬箸楼曚覆詭礁椶膿鎔娵戚鵑魴襪咫■牽娃伊円を支払った∋埀銚鯆味隠隠絢年記念シンポジウムを受注した大手広告会社の役員と事前に部下を連れて会食し、同社に優位となるような部下の行動を防ぐことができなかった随意契約結果の未公表など内規に反した契約手続きをした――の3点。

 市人事室は「公営企業の管理者としての責任を重く受け止める必要がある」として、減給処分の中で最も重い処分にした。また、一連の問題に関係した交通局総務部長(55)を減給処分(約1万円)、部長2人を厳重注意、課長2人を文書訓告にした。
2015年03月16日(月)   No.2713 (議員活動)

北陸新幹線の今後は

北陸新幹線の長野―金沢間がきのう開業した。1960年代の構想浮上から半世紀を経て北陸と首都圏が一本で結ばれた。

 沿線では、観光振興への期待が強い。古都・金沢を抱える石川県は首都圏からの観光客を今年、500万人に倍増させるとの目標を掲げている。

 開業を見越し、太平洋側の工場を北陸に移転する企業もある。YKKグループは東京の本社機能の一部を富山県黒部市に移した。

 地元の自治体や企業は、活気ある町づくりにつながるよう、この機会を生かしてほしい。

 ただ、新幹線の効果には限界もある。長野まで開業した97年、長野県では観光客が使った観光消費額が年間4271億円あったのに、13年は3149億円と4分の3に減っている。

 業界からは「日帰り客が増えた」と嘆く声があがる。

 新幹線は、あくまで高速移動のツールだ。地域の新たな魅力の創造や持続的な産業振興へと生かすには、息の長いとりくみが肝心だ。

 今回の開業で、並行するJR信越・北陸線は沿線4県の第三セクターに引き継がれた。3社が運賃を値上げし、富山―金沢間は1・25倍の1220円になった。東京が近くなっても日常の移動手段が細っては何にもならない。地域全体で三セクを支える努力が欠かせない。

 金沢開業で全国の新幹線網は2600キロを超えた。64年の東海道新幹線開業時の5倍強だ。

 来年3月には青森と北海道を結ぶ北海道新幹線が一部開業する。北陸新幹線も1月の政府・与党合意で、金沢―敦賀(福井県)間の開業が計画より3年早い22年度末になった。金沢―福井間は20年度に先行開業することも検討されている。ただ、列車の折り返し施設が必要で、新たに250億円かかるという。

 今後は、ルートが決まっていない敦賀―大阪間をどうするかも焦点になってきそうだ。

 新幹線の整備には巨額の建設費がかかる。今回の長野―金沢間は228キロで1兆7800億円を要した。その多くは国と沿線自治体の負担だ。

 政治家や地元経済界は「とにかく新幹線を」と叫びがちだ。だが人口減時代に入り、投資に見合う効果が本当に得られるのか。厳しく見極めるべきだ。

 国も地方も財政難は深刻で、少子高齢化に伴う社会保障費の増大ものしかかる。限られた財源をどう使うかは、国全体を見渡して考えていく必要がある。

 今回の開業を、そんな将来のことを考える機会にもしたい。
2015年03月15日(日)   No.2712 (議員活動)

知人のヴァイオリンコンサート

知人のヴァイオリンコンサートがありました。長年ヴァイオリンを続けておられる「渡辺せいら」さんのコンサートです。これからも頑張って欲しいと思います。
2015年03月14日(土)   No.2711 (議員活動)

20期議員団の解散式

今日は20期議員団の解散式がありました。勇退のかたや上を目指す方など様々です。
2015年03月13日(金)   No.2710 (議員活動)

一般質問がはじまりました

今日から一般質問がはじまりました。私の質問日は3月17日火曜日の午後1時からの予定です。お時間がありましたら是非傍聴にお越し下さい。
2015年03月12日(木)   No.2709 (議員活動)

議会の訓練

今日は議会が委員長報告と採決だが、東日本大震災から4年目で、初めて議会開会日になったので、シェイクアウト訓練と黙とうを行った。実際のような緊張感は見られないが、4年前の日は議会開会日で、議場で地震を体験した。風化しないように努力しなければ。
2015年03月11日(水)   No.2708 (議員活動)

大阪府の中原徹教育長が部下職員らへのパワーハラスメント

大阪府の中原徹教育長(44)が部下職員らへのパワーハラスメントを認定された問題で、大阪、堺両市を除く府内41市町村の教育長が10日、府教育委員会に「毅然(きぜん)とした対応」を求める要望書を提出した。

 府都市教育長協議会と府町村教育長会が連名で提出。「国をあげていじめ問題に取り組んでいるさなか、極めて遺憾。人権侵害もみられ、教育現場に与える影響は極めて大きい」と指摘し、「教育行政の信頼回復のため、(府教委の)毅然とした対応を強く求める」としている。

 要望書を受け取った陰山英男・府教育委員長は「大変重く受け止めなくてはならない」と話し、中原教育長の処分について、今月中に検討する方針を示した。
2015年03月10日(火)   No.2707 (議員活動)

危険ドラッグの断り方を考える

「実店舗がなくなり、人に勧められ初めて危険ドラッグに接するケースが増える。普段から断り方を考えておくことが大切だ」。藍野大短期大学部の上田裕子准教授(教育学)は言う。

 2012年8月〜13年11月、国立精神・神経医療研究センターが音楽とダンスのクラブに出入りする16歳以上の男女にアンケートしたところ(有効回答307人)、危険ドラッグの使用経験があるとした75人のうち、入手先(複数回答)は「友人・知人」が約60%と最も多かった。

 学生にとって、危険ドラッグであろうと仲間の誘いは断りづらいようだ。

 昨年4月、上田准教授が学生約120人にアンケートしたところ、仲間の誘いを「100%断れる」と回答したのは半数。残り半数は「断る」「逃げる」としつつも「実際に行動に移せるか自信は持てない」と答えた。

 「きっぱり断るのは、断る方法の一つにすぎない。自分に合ったやり方を探して」と上田准教授。ユーモアによる婉曲(えんきょく)な拒否、「金がない」「怖い」といった理由付け、「やめた方がいいと思うよ」という気遣いなど、自分にあった断り方を事前に考えておくべきだという。

 断れなかったときのリスクは大きい。場合によっては乱用により筋肉組織が破壊され、急性腎不全や不整脈を起こし死を招くこともある。そのような商品も意に介さず売りつける業者は多く、警察庁によると、危険ドラッグの使用が原因とみられる昨年の死者は、全国で少なくとも112人に上るという。(
2015年03月09日(月)   No.2706 (議員活動)

カラオケまつり

市川カラオケ連合会のカラオケまつりがありました。日頃の成果をしっかりと発表されていました。皆さん元気です!
2015年03月08日(日)   No.2705 (プライベート)

いけばな展に行ってきました

市川市花道協会主催のいけばな展に行ってきました。ちょうど入れ替えの時間だったので一部の作品しか見ることができませんでしたが、力作にひと時素敵な気持ちになりました。子どもたちの作品も素晴らしいものでした。
2015年03月07日(土)   No.2704 (議員活動)

うつぶせ寝の損害賠償

福島県郡山市の認可外保育施設(閉鎖)で2010年1月、同市の津久井りのちゃん(当時1)がうつぶせ寝のまま放置されて窒息死したとして、両親が当時の施設経営者や保育士らに約6600万円の損害賠償を求めた訴訟の判決が6日、福島地裁郡山支部であった。上拂(うえはらい)大作裁判長は施設側に慰謝料などとして約5800万円の支払いを命じた。

 施設側は、争点の死因を乳幼児突然死症候群(SIDS)と主張したが、判決は、うつぶせだったりのちゃんの上に毛布やタオルケット、バスタオルなどがかけられ、計約2・8キロに達していたなどとして窒息死と判断。施設側の注意義務違反を認めた。

 両親は業務上過失致死容疑で経営者らを刑事告訴したが、福島地検は死因を特定できず、過失を認定できないとして不起訴処分(嫌疑不十分)としている。
2015年03月06日(金)   No.2703 (議員活動)

市子育連の地区連絡員会議

市子育連の地区連絡員会議がありました。各地域の状況がよくわかりました。ただ、実感として感じることは、この情報をどのように活かすことではないでしょうか。他の団体から学ぶべきものをどのようにつなげてあげることが広報部の仕事ではないかと思います。
2015年03月05日(木)   No.2702 (プライベート)

川崎市の中1殺人事件

川崎市川崎区の多摩川河川敷で中学1年生の上村(うえむら)遼太さん(13)が遺体で見つかった事件で、5日発売の「週刊新潮」(新潮社)が、神奈川県警に殺人容疑で逮捕された3人の少年のうち、リーダー格だった18歳の無職少年の実名と顔写真を載せることがわかった。少年法は、少年が起こした犯罪に関しては本人が特定できる報道を禁じている。

 記事が掲載されるのは3月12日号。週刊新潮編集部は朝日新聞の取材に対し、「事件の残虐性と社会に与えた影響の大きさ、そして主犯格とされる18歳の少年の経歴などを総合的に勘案し、実名と顔写真を報道した」とコメントした。
このことの是非はしっかり議論してもらいたい。
2015年03月04日(水)   No.2701 (議員活動)

健康福祉委員会

今日は健康福祉委員会です。この委員会は所管する分量が多いので、しっかりと審査したいと思います。子どもから高齢者まで、一番市の予算が多い委員会です。
2015年03月03日(火)   No.2700 (議員活動)

議会の代表質問最終日

今日は議会の代表質問最終日です。午後には委員会になりました。しっかり審査したいと思います。
2015年03月02日(月)   No.2699 (議員活動)

6地区子ども会の遠足

6地区子ども会の遠足で東京タワーに行ってきました。天気が崩れる前に外階段に挑戦を14人の子どもとしました。600段の証明書は価値があります。
2015年03月01日(日)   No.2698 (プライベート)

<<2015年03月>>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

2015年03月31日(火)
小学校の離任式、市役..
2015年03月30日(月)
市川商工会議所の総会
2015年03月29日(日)
市川市洋舞踊協会
2015年03月29日(日)
市政報告会
2015年03月28日(土)
自治会の防犯パトロー..
2015年03月28日(土)
自治会の防災訓練
2015年03月27日(金)
夫から暴行や暴言
2015年03月26日(木)
維新の党の残業代発言
2015年03月25日(水)
市議会外部監査報告が..
2015年03月24日(火)
選挙権年齢を18歳以..

記事検索

OR AND
スペースで区切って複数指定可能
++HOME++

[Admin] [TOP]
shiromuku(fs6)DIARY version 2.41