++稲葉健二のプログ++

いきいきセンターカラオケ発表会

いきいきセンター鬼越のカラオケ発表が」ありました。みんな楽しそうに発表していました。
2016年08月31日(水)   No.3283 (プライベート)

「行きたくない街」は名古屋 市自ら調査、つらい結果に

 国内主要8都市で、名古屋は「行きたくない」街ナンバーワン。名古屋市が「ライバル」7都市と比べた魅力度を各都市で調査したところ、そんな結果が出た。「名古屋が日本を支えている」。河村たかし市長はイメージアップへ号令をかけるが、前途は険しそうだ。

 「うちが調べた数字で、行きたくない街ナンバーワン。よほど危機感を持って面白い街をつくらにゃあ」。河村氏は30日、愛知県との意見交換の場で繰り返し嘆いた。

 市は6月、東京23区と札幌、横浜、名古屋、京都、大阪、神戸、福岡の7市に住む20〜64歳を対象にインターネット調査を実施、各都市から418人ずつ回答を得た。どの程度行きたいか尋ねて指数化すると、名古屋は「1・4」。首位京都(37・6)の27分の1という結果となった。

 「最も魅力的に感じる都市」に名古屋を選んだのは全体の3%で最下位。首位の東京23区(22・4%)の7分の1だった。「最も魅力に欠ける都市」は大阪市(17・2%)を引き離し、30・1%に上った。
2016年08月30日(火)   No.3282 (議員活動)

新学期も君を支えるよ 自殺防止へ学校やNPO取り組み

夏休み明けごろに増える子どもの自殺を防ごうと、学校や民間団体が取り組みを進めている。夏休み中の子どもの様子を把握したり、駆け込み寺となる居場所を提供したり。「命を絶たなくても、君を支えてくれる人がいる」。そんなメッセージを届けたいという。

 「間もなく新学期です。みんなで無事に迎えられるよう、生徒たちにも声をかけてください」。愛知県安城市の市立安城北中学校の職員室で26日、生徒指導担当の教諭がほかの教員に呼びかけた。毎朝、夏休み中の生徒たちの情報共有を促している。

 この中学では夏休みになると、担任が部活動中に声をかけたり、家庭訪問をしたりして生徒に近況を尋ねてきた。今年から、顧問が持っていた部活動の出席簿を職員室で共有。急に部活を休んだ生徒らの変化に、他の教員も気付くことができる。

 稲留雄一校長は昨年、夏休み明けに自ら命を絶つ子どもが増えると報道で知り、こうした取り組みに力を入れてきた。「生徒のことをわかった気になってはいけないけど、わかろうという姿勢は学校として持ち続けないといけない」と話す
2016年08月29日(月)   No.3281 (議員活動)

南八幡商店会の夏まつり

南八幡商店会の夏まつりがありました。毎年いろいろな出し物を工夫している商店会のステージは見ごたえがあり楽しめました。
2016年08月28日(日)   No.3280 (議員活動)

サンロード商店会の夏まつり

サンロード商店会の夏まつりがありました。顧問として応援させていただいています。今年は大食い大会がありました。
2016年08月28日(日)   No.3279 (議員活動)

市の防災訓練

市川市の合同防災訓練がありました。私は六中会場に参加させていただきました。
2016年08月28日(日)   No.3278 (議員活動)

少年野球連盟夏季大会の閉会式

少年野球連盟夏季大会の閉会式がありました。閉会式の前に決勝戦があり、素晴らしい試合を見せて頂きました。
2016年08月28日(日)   No.3277 (議員活動)

八幡縁日

八幡小で毎年恒例の八幡縁日がありました。私たちの子ども会も、綿菓子やゲームで参加しました。
2016年08月27日(土)   No.3276 (プライベート)

視察2日目燕市

視察2日目は燕市です。子どもたちの健康生活を支援する事業、子ども手帳を視察させて頂きました。燕市の庁舎はコンクリートの打ちっぱなしでデザインも素晴らしいものでした。
2016年08月26日(金)   No.3275 (議員活動)

視察1日目新潟市

視察1日目は、新潟市です。子育てに係る、子どもショートステイ事業、病児サービス事業、子ども発達センターなどを視察させて頂きました。
2016年08月25日(木)   No.3274 (議員活動)

9月定例会の議案説明会

今日は9月2日から開会される定例会の議案勉強会がありました。
2016年08月24日(水)   No.3273 (議員活動)

地方議員年金、復活の動き 自民本部検討「人材確保に

いったん廃止された地方議員の年金制度が「復活」に向けて動き出している。自民党本部に地方議員の年金を検討するプロジェクトチーム(PT)が発足。全国都道府県議会議長会が7月、地方議員が年金に加入できるよう法整備を求める決議をした。一方、大阪府議会では22日、自民党府議団が「白紙撤回を求めるべきだ」と反対する方針を打ち出した。

 地方議員の年金制度は、議員の掛け金と自治体の負担金によって運営されてきた。だが、市町村の「平成の大合併」に伴う急激な議員数の減少で年金財政が悪化。民主党政権下の2011年6月に廃止された。

 しかし、昨年発足した自民党本部のPTは、地方議員の年金の新制度の検討を開始。年金制度の「復活」には法整備が必要で、全国都道府県議会議長会は決議で、地方議員のなり手不足が大きな問題になっているなどとして、「年金制度を時代にふさわしいものとすることが、人材確保につながっていく」と法整備を求めた。
2016年08月23日(火)   No.3272 (議員活動)

子育て家庭の支援拠点整備へ 児童虐待の深刻化防ぐ

増え続ける児童虐待への対応を強化するため、厚生労働省は、子育てに問題を抱える家庭を支援する拠点の整備を進める方針を固めた。身近な場所でカウンセリングなどを継続的に受けられるようにして、虐待の深刻化を防ぐ。市町村に整備費や人件費の一部を補助。2017年度予算の概算要求に盛り込む。

 拠点には児童福祉司などの専門職を配置する。虐待の通告を受けた児童相談所(児相)が一時保護するほどの緊急性はなくても、虐待の可能性が残っていたり子育ての悩みを抱えていたりする家庭を対象に想定。継続的な家庭訪問や保護者指導、カウンセリングなどを通じて親子を支援する。
2016年08月22日(月)   No.3271 (議員活動)

患者に気兼ねせず夜間看護を 耳掛けライト開発 島根大

島根大は、夜間看護で耳に掛けて使うLEDライトを開発したと発表した。ハンズフリーで、患者に気兼ねせずに手元を照らす明かりが欲しいという同大医学部付属病院の看護師の願いが形になった。島根県出雲市内の企業との共同開発で今秋の商品化を目指すという。

 「入院患者にとって急に照らされるライトはまぶしく不快。でも、おむつ交換や口の中のケアなど夜間に両手を使った細かい作業は多い。両立させるようなライトが欲しい」

 そう思っていた看護師の矢野牧江さん(57)は2年前の秋、大学が医学部と付属病院の職員を対象に実施した医療機器の開発用のアンケートに要望した。懐中電灯を使っている普段の業務経験を元に、耳掛け式なら視線とライトの照らす方向が重なり、両手で作業に集中できると考えたからだ。

 これに大学側が「新規性があり、薬事法の承認などの手続きも不要」と注目。昨年3月から、LED照明器具の製造販売会社「Doライト」(同市長浜町)、PCタブレット製造会社の「島根富士通」(同市斐川町)の両社と共同研究を始め、今年7月に試作品が完成した。

 試作品は長さ約57ミリ、幅25ミリ、厚さ15・5ミリのライトをヘッドバンドで耳の上付近に固定する。体を斜め前に傾けるとライトが点灯。広角ライトとスポットライトに切り替えられ、手元から40〜50センチ先の直径約20センチの広さを、手作業には十分な約100ルクスの光量で照らす。充電式で重量はバンドを含め37グラムに抑え、ライトがゆっくりつけ消えするフェード機能も備える。価格は1万5千円程度を想定しているという。

 今月末まで約20人の看護師が病棟などで使ってみてさらに改良するという。矢野さんは「今のところ患者さんからまぶしいと言われたことはない。要望からわずか1年半で形となって使えるのが驚き」と話す。(
2016年08月21日(日)   No.3270 (議員活動)

盆踊り大会

今日は天気が安定しない状態でしたが、3か所の盆踊りに招待を頂きましたが、1カ所は中止で、1カ所は校庭が水浸しで体育館で開催、1カ所は通常開催でした。
2016年08月20日(土)   No.3269 (議員活動)

公立中制服の価格差、最大2倍超 SNSで111校調査

朝日新聞がソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)などを通じて入手した、公立中学校111校の制服の購入価格を調べたところ、3万円台から7万円台まで、同じ公立中でも最大2倍を超す価格差があることが分かった。メーカーや販売店が限られ、地域内で価格競争が起きにくいことが背景にある。

 学校ごとの制服価格が分かる国などの統計がないため、今春以降にツイッターやフェイスブックで保護者らに情報提供を呼びかけた。学校説明会の資料や注文票など価格が分かる画像を送ってもらったほか、店や学校のホームページで公開されている制服価格を記者が調べ、計29都道府県から情報を集めた。購入枚数など条件をそろえた上で、税込み価格で比べた。

 保護者からの情報提供で最も高かったのは、仙台市の学校の女子ブレザー服で7万7360円(冬服と夏服、シャツ4着の合計)だった。男子は神奈川県横須賀市の学校のブレザー服で6万7403円(同)。価格上位20%のうち女子ブレザー服が9割を占めた。ブレザーが2万円を超え、さらにベストを指定する学校で高価格になる傾向がみられた。

 女子の最安値は、長野県諏訪郡の中学校のブレザー服で3万6200円。男子の最安値は兵庫県西宮市の中学校の詰め襟服で指定品のセーターを入れても3万890円。価格下位20%はほとんどが詰め襟服だった。

 長野市の中学校では、男子の詰め襟服3万8050円に対し、女子のブレザー服が7万4736円と、同じ学校でも男女で2倍近い価格差があった。

 体操服や上履き、かばんなど他の主な指定品だけで総購入費が10万円を超す学校も2校あり、保護者からは「家計を圧迫している」との声が寄せられた。経済的に苦しい家庭向けの就学援助制度では「入学準備費」などとして2万数千円が支給されるが、支給時期はほとんどの市区町村で夏の1学期末となり、実際の購入時期とずれている。
2016年08月19日(金)   No.3268 (議員活動)

全国学力調査、結果公表を9月に延期 業者が集計ミス

文部科学省は18日、4月に小学6年と中学3年を対象に実施した「全国学力調査」について、結果の公表を8月25日から9月上旬に延期すると決めた。中学校の採点を請け負う業者による集計漏れが発覚したため、再集計に時間が必要と判断した。2007年の開始以来、結果公表が当初予定から遅れるのは初めて。

 文科省によると、業者はテストの研究開発などを行う株式会社「教育測定研究所」(東京都)。国語や数学と同時実施の学習状況についてのアンケートを集計する際、33都道府県の83校のデータを集計に含めなかった。熊本地震で調査当日のアンケート実施が中止になった学校が後日に受けられるよう、回答用のウェブサイトの開設期間を延ばす対応をした際に操作を誤ったという。

 同社は今年度実施分の中学校の調査実施や採点、集計業務を約24億円で請け負っていた。
2016年08月18日(木)   No.3267 (議員活動)

隠しカメラ設置、選挙違反の立件に至らず 大分県警

大分県警捜査2課は16日、参院選(6月22日公示、7月10日投開票)のため設けていた「選挙違反取締本部」を解散した。捜査関係者によると、別府署がビデオカメラを隠して設置して捜査していた公職選挙法違反容疑の事件は、立件に至らなかったとみられる。

 取締本部は6月2日に設置されていた。一方、別府署の捜査員は6月18日夜、労組などが入る建物の敷地に無断で入り、カメラ2台を設置。捜査関係者によると、公選法違反容疑の捜査のためだった。しかし、労組側が公示後の24日にカメラを発見。県警は謝罪したうえで、建造物侵入の疑いで捜査員を調べている。別府署が調べていた公選法違反容疑が立件に至らなかった理由は、明らかになっていない。

 一方、捜査2課は、公職選挙法違反容疑で10人を書類送検したと発表。詳しい容疑の内訳は、投票偽造6人▽法定外文書及び脱法文書頒布2人▽投票管理者による選挙運動の禁止1人▽投票干渉1人。警告件数は文書掲示57件、文書頒布9件で計66件。前回2013年参院選の警告件数は計34件だった。
2016年08月17日(水)   No.3266 (議員活動)

地域医療、崩壊防ぐには… 支え手連携し医療費を抑制

病院は暮らしを守る地域社会の最後のとりで。しかし、高齢化が進んで財源も細るなか、「病院で病気を治す」ことに主眼を置く地域医療のあり方は限界を迎えています。どうすれば新しい支え合いの仕組みをつくれるのか。国内外で奮闘する地域を取材しました。


 北海道夕張市の中心部は、日中でも人影はほとんどない。かつて炭鉱で栄え12万人に迫った人口は今、9千人を下回っている。65歳以上が占める割合(高齢化率)は48%。全国トップクラスだ。急速な高齢化が進む日本の医療・介護の最前線がそこにあった。

 7月上旬の午後。市立診療所長の中村利仁さんは、車で笠嶋一さん(87)と甲子さん(79)夫婦が暮らす老人ホームに着いた。「お酒は毎晩ですが、毎朝、体操と散歩をしています」と一さん。「少し唇が乾いていませんか? 水を多めに飲んで下さい」。中村さんは会話を重ねて暮らしぶりも聞き取る。体調の変化を見逃さないためだ。

 ホーム施設長の宮前純夫さんは「夕張ですぐ診てもらえる病院が限られるようになったいま、訪問診療はありがたい」と話す。患者の家を訪ねる看護師らは、介護する家族の相談相手にもなっている。「地域や家族と協力し、高齢者が自宅で過ごせる時間を長くしたい」と中村さんは話す。

 夕張市が財政破綻(はたん)した2007年、病床171床の市立総合病院がなくなった。わずか19床の診療所と、40床の介護老人保健施設へと縮小された。破綻前の病院には長期入院者が多く、「『安心』のためだけに薬を処方することもあった」(診療所関係者)。

 地域医療の崩壊にどう向き合うか。診療所は、患者の抱える問題を総合的に診る「プライマリーケア」という考え方を採り入れ、在宅医療と予防医療の徹底に転換した。高齢者の多い市民の暮らしを支えるために、毎日の会議で、医師や看護師、ケアマネジャーなどが綿密に情報交換するようになった。
2016年08月16日(火)   No.3265 (議員活動)

盲導犬連れた男性、列車と接触し死亡 ホームから転落

 15日午後6時ごろ、東京都港区南青山1丁目の東京メトロ銀座線青山一丁目駅のホームで、盲導犬を連れていた視覚障害者の男性が線路に転落し、列車と接触したと110番通報があった。男性は世田谷区祖師谷1丁目の会社員品田直人さん(55)で、消防隊に救助されたが約3時間後に死亡。盲導犬はホームにいて無事だった。

 警視庁赤坂署によると、駅の防犯カメラには、盲導犬を連れた品田さんが同日午後5時45分ごろ、ホームから足を踏み外して転落する様子が映っていた。品田さんは直後に進入してきた列車にはねられた。線路との間を区切るホームドアは設置されていなかった。
2016年08月15日(月)   No.3264 (議員活動)

SMAP、年内で解散 ジャニーズ事務所が発表

国民的アイドルグループ「SMAP」が今年いっぱいで解散することが分かった。ジャニーズ事務所が14日未明、発表した。メンバー間で話し合いを続けた結果、数人から「今の5人の状況ではグループ活動をすることは難しい」との意見が出たためだという。5人は当面の間、同事務所に所属して個別に活動する。

 「解散」が最初に表面化したのは今年1月。メンバー内で事務所からの独立に対する意見が分かれ、分裂の危機とされた。当時、独立する方針だったのは中居正広さん(43)、稲垣吾郎さん(42)、草剛さん(42)、香取慎吾さん(39)の4人。木村拓哉さん(43)は残る意向だったという。グループの育ての親で、長年SMAPを担当した元マネジャーが、ジャニーズ事務所の関連会社(当時)の役員を辞任したことで、騒動が本格化した。

 今年はデビュー25周年で、事務所によるとコンサートや番組への出演など様々な提案をしたが、メンバーの要望で7月の音楽番組への出演が取りやめになるなど実現しなかったという。

 今年8月には活動休止の提案も出たが、「休むより解散したい」という希望が出たことなどから、ジャニーズ事務所は「苦渋の選択だが、一生懸命に走り続けた彼らの功績を尊重した」としている。

 SMAPは、「Sports Music Assemble People」(「スポーツと音楽を融合する人々」の意味)の略称。1988年に結成、91年にCDデビューした。2003年に発売された「世界に一つだけの花」は250万枚を超える売り上げとなったほか、「がんばりましょう」「夜空ノムコウ」「らいおんハート」などのヒット曲がある。また、個々のメンバーがそれぞれバラエティー番組やドラマ、コマーシャルなどでも活躍してきた。96年から続く長寿番組のフジテレビ系「SMAP×SMAP」ではメンバー全員がそろって出演し、コントや料理を披露するなど、新たなアイドル像を築いた。
2016年08月14日(日)   No.3263 (プライベート)

小池知事、築地市場移転でヒアリング 賛成・慎重派から

東京都の小池百合子知事は12日、都庁で築地市場(中央区)の業者からヒアリングを行った。11月7日に開場する豊洲市場(江東区)で、建物内の大気から環境基準内ではあるものの発がん性物質が検出されたことを受け、改めて大気検査を行う考えを示した。


 豊洲市場への移転について「立ち止まって考える」としている小池知事が、市場関係者から直接意見を聞くのは初めて。ヒアリングは移転賛成派と慎重派に分けて行われ、「率直な意見を聞く」(小池知事)として非公開で実施された。

 出席者によると、賛成派は、開場を延期すると年末年始を含む繁忙期に計画の練り直しを強いられ、準備を止めることで経済的な負担が生じると主張した。

 一方、慎重派は都が4、5月に豊洲市場で実施した大気検査の結果、発がん性物質のベンゼンが環境基準(1立方メートルあたり0・003ミリグラム)未満ではあるものの検出されたことや、交通アクセスなどの準備不足を訴えたという。

 小池知事は16日に両市場を視察する。「ヒアリングで課題が見えた。現場を見た上で、出来るだけ早く結論を出したい」と述べた
2016年08月13日(土)   No.3262 (議員活動)

生活保護の女性宅でわいせつ行為、市職員の男を懲戒免職

茨城県古河市は12日、生活保護受給者宅で女性にわいせつな行為をしたとして、30代の男性職員を懲戒免職処分にしたと発表した。

 市によると、職員は生活保護課のケースワーカーで、受給者宅を定期的に訪問していた2012年7月〜14年1月、業務時間外に複数の生活保護受給者の女性宅を訪問し、わいせつな行為をしたという。

 市は14年3月に職員を懲戒免職処分にしたが、市が出した処分事由説明書に具体的な処分理由の記載がないとして、職員は処分取り消しを求める訴えを起こした。今年1月に職員の訴えを認める判決が出たため、市は改めて懲戒免職処分にした。
2016年08月12日(金)   No.3261 (議員活動)

東菅野盆踊り大会

今日は、東菅野中央自治会のすがの盆踊り大会に行ってきました。地域の方たちの顔が見えるような盆踊りはとても心が休まります。
2016年08月11日(木)   No.3260 (議員活動)

市子育連理事会

今日は、市子育連の理事会がありました。地区対抗のボウリング大会のことなどを話し合いました。時代とともにかわることや守ることを切り分けて前に進めていかなければと思います。
2016年08月10日(水)   No.3259 (プライベート)

八幡地区社協地域ケア会議

八幡地区社協地域ケア会議がありました。地域のことを地域で支えていくことを考えながら進んでいくことを応援しています。
2016年08月09日(火)   No.3258 (プライベート)

天皇陛下のメッセージ収録、皇后さまも見守る

宮内庁ではビデオメッセージが放映された直後に風岡典之長官が記者会見した。風岡長官は「天皇陛下は高齢となった天皇の象徴としてのあり方やお務めについてお話しになった」と説明。「今すぐお務めが難しくなるということではない」とも述べた。天皇陛下が言及した代替わりについては「大喪とご即位が重なれば厳しい状況になることについて、ご経験を踏まえて述べられたと思

 風岡長官は80代となった陛下の年齢を「一つの大きな節目」とし、昨年から陛下が「象徴のあり方についての気持ちを公にするのがふさわしいのでは」と考えていたことを明かした。だが1月にはフィリピン訪問などもあり、この時期の表明になったという。

 質疑応答では、天皇陛下の発言は憲法に抵触するのでは、との質問も出た。これに対し風岡長官は「陛下ご自身は憲法上の立場を踏まえながら話をした」とし、「象徴としての活動をされるのは陛下自身。経験を通じての思いを述べていただくのは陛下にやっていただくのが一番ふさわしい」と説明。陛下のお気持ちを受け、制度改革の必要性を内閣官房などに相談したか、と問われると、「陛下が思いを述べることについてはやりとりしているが、措置を講じて欲しいとか、制度を設けて欲しいとかは一切申し上げていない」と説明した。

 メッセージは7日夕、お住まいの皇居・御所内の応接室で収録した。皇后さまは当初、収録には立ち会わない予定だったが、「大事な事柄だから」との陛下の考えに従い、少し離れた場所で収録を見守ったという。関係者によると、皇后さまは東日本大震災後のメッセージ公表の際は、陛下とともに文面を考え、収録を近くで見守った。今回、公表前には皇太子さまや秋篠宮さまらも目を通した。文面は陛下自身の発案だが、憲法上の立場を踏まえ、ある段階からは内閣官房とも協議したという。

 天皇陛下は2012年春ごろから、皇太子さまや秋篠宮さまと月に1回程度懇談している。風岡長官によると、懇談は皇后さまが発案したもので、陛下は皇太子さまや秋篠宮さまに自身のお気持ちを話しており、「両殿下は十分ご理解されていると思う」と述べた。陛下は7月23日にお住まいの皇居・御所に皇太子さまや秋篠宮さま、長女の黒田清子さんを招いており、この場でも意向表明などの話題が出たとみられる
2016年08月08日(月)   No.3257 (議員活動)

中国分の盆踊り大会

中国分の盆踊り大会にお招きいただきました。ゆったりとして雰囲気のなかで大勢の方たちが楽しんでいました。
2016年08月07日(日)   No.3256 (議員活動)

市川市の花火大会

今日は市川市の花火大会がありました。天気に恵まれて、本当に大勢の方たちが見に来ていました。
2016年08月06日(土)   No.3255 (議員活動)

市川市芸能協会

市川市芸能協会の役員会がありました。9月22日に設立記念のいちかわ芸能祭を行う予定です。文化会館で入場無料です。午後1時30分開演です。ぜひご来場下さい。
2016年08月05日(金)   No.3254 (プライベート)

高橋元市長の通夜

5期20年市川市長を務められた、高橋國雄元市長の通夜がありました。人柄も穏やかで、市川カラオケ連合会の顧問も長年お勤め頂きました。ご冥福をお祈り致します。
2016年08月04日(木)   No.3253 (議員活動)

都市行政問題研究会総会

都市行政問題研究会総会がありました。広域的な連携のテーマで講演もお聞きしました。必要な部分は多いとも感じます。
2016年08月03日(水)   No.3252 (議員活動)

都心のカラス減っている 15年前ピーク時の4分の1に

東京都心で生ごみを食い荒らすなど、一時は社会問題になっていたカラスが、ピーク時の約4分の1となり、30年前より少ない水準まで減った。研究者らでつくる「都市鳥(としちょう)研究会」の定点観測でわかった。エサになる生ごみ対策や、都による捕獲、天敵増加などの結果だとみられるという。

 カラスは1970年代には山手線の内側で繁殖がほとんど確認されなかったが、残飯などが増えるにつれ急増した。都内に多いハシブトガラスは冬季に集まってねぐらをつくる習性があり、同研究会が85年から明治神宮(渋谷区)、豊島岡墓地(文京区)、国立科学博物館付属自然教育園(港区)の3地点のねぐらで5年ごとに定点観測をして、数を追ってきた。

 初回調査の85年は6727羽だったのが、2000年には1万8664羽にまで増えた。だが、その後は減少に転じ、15年調査では4816羽まで減った。

 生ごみを路上にまき散らすとい…
2016年08月02日(火)   No.3251 (議員活動)

地区社協のの事業部会

地区社協のの事業部会がありました。子ども会との協働事業もあり、しっかり協力していきたいと思います。
2016年08月01日(月)   No.3250 (プライベート)

<<2016年08月>>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

2016年08月31日(水)
いきいきセンターカラ..
2016年08月30日(火)
「行きたくない街」は..
2016年08月29日(月)
新学期も君を支えるよ..
2016年08月28日(日)
南八幡商店会の夏まつ..
2016年08月28日(日)
サンロード商店会の夏..
2016年08月28日(日)
市の防災訓練
2016年08月28日(日)
少年野球連盟夏季大会..
2016年08月27日(土)
八幡縁日
2016年08月26日(金)
視察2日目燕市
2016年08月25日(木)
視察1日目新潟市

記事検索

OR AND
スペースで区切って複数指定可能
++HOME++

[Admin] [TOP]
shiromuku(fs6)DIARY version 2.41