++稲葉健二のプログ++

保育園落ちた…大阪市で3千人「働かないと破綻します」

保育園落ちた――。4月からの認可保育園入園をめぐる1次選考の結果が、関西の自治体でも発表されている。落ちた親は「働けない」と怒りの声をあげる。自治体も保育園を増やそうと知恵を絞るが、ニーズになかなか追いつけない。

 大阪市では1万4千人が4月からの認可保育園などへの入所を申し込んだが、約3千人が1次選考から漏れた。今月2日に結果が郵送されると、各区の窓口には親が相談に相次いで訪れた。

 「働きたいのに、働けない」。ある区の窓口で男性(32)と妻(24)が訴えた。2歳と生後7カ月の双子の息子3人全員が落ちた。

 手取りは月20万円ほど。無職の妻はフルタイムで働こうと求職中だが、子どもを預けられる場所が決まらず、内定に至らない。実家も遠くて頼れない。

 市に出した認可保育施設の申込書には「金銭的にも共働きしないと、破綻(はたん)します」と書き、送迎できる距離にある9園を希望先に書いたが「全滅」だった。

 認可外の近くの保育園に預ける手はある。しかし、所得に応じて保育料が決まる認可園と違って高い。3人で月に計約12万円ほどかかる見込みで、男性の手取りの半分以上が消えることになる。

 男性は市に行政不服審査法に基づいた審査請求をすることを考えている。「結果は変わらないかもしれない。でも、市には各家庭の実情をもっと見て欲しい。今後、困る人が出ないようにするために動きたい」と話す。

 中央区の窓口を長男(1)と訪れた会社員女性(29)も、希望した4カ所の保育園が全滅。勤務先の従業員は約30人。「4月以降のシフトも組まれている。従業員も少ないのに、今さら『落ちました』なんて言えない」

 大阪のベッドタウンの吹田市。1次選考では約960人が落ちた。市役所に相談しにいった母親(31)は窓口で泣き出した。派遣社員で働き、5歳と3歳の娘を夫と育てる。下の娘が通うのは2歳までの小規模保育園。4月からの園を申し込んだが1次選考で落ちた。「本当は3人目が欲しいけれど、こんな子育て環境では現実的に産めない」
2018年02月28日(水)   No.3877 (議員活動)

2月議会2日目

代表質問も2日目となりました。3月1日は私が会派を代表して質問をします。午前10時からです。当日のジェイコムいちかわでも夕方から録画放送される予定です。
2018年02月27日(火)   No.3876 (議員活動)

東菅野中央商店会の新年会

東菅野中央商店会の新年会の行ってきました。地元の商店会の方たちといろいろな話ができる機会です。ありがとうございました。
2018年02月26日(月)   No.3875 (議員活動)

2月議会初日

今日から2月議会がはじまりました。代表質問から始まりました。市長不在の議会ですがしっかりと審議していきたいと思います。
2018年02月26日(月)   No.3874 (議員活動)

八幡囃子保存会の総会

地元の八幡囃子保存会の総会に行ってきました。創立10年を迎える、しっかりとした団体に成長していると感じています。
2018年02月25日(日)   No.3873 (議員活動)

6地区子ども会のいちご狩り

今日は6地区子ども会でいちご狩りに行ってきました。市内でいちご狩りができる数少ない場所です。子どもたちは帰りに大根も抜いてお土産もばっちりでした。
2018年02月25日(日)   No.3872 (プライベート)

わいせつ罪の元講師「就職のため改名」 過去に児童買春

勤務する愛知県知立市の小学校で児童にわいせつな行為をしたとして、5件の強制わいせつ罪に問われている元臨時講師大田智広(としひろ)被告(30)の公判が23日、名古屋地裁岡崎支部であった。2013年に埼玉県教育委員会から停職6カ月の懲戒処分を受けて退職後、地元に戻って改名した理由について「就職するためだった」と供述した。

 大田被告は小学校教諭だった13年に児童買春・児童ポルノ禁止法違反罪で罰金の略式命令を受け、県教委から処分された。地元で就職先を探したものの「ネットなどに名前が出て、どこを受けてもダメだったりクビになったりした」と説明した。改名後に臨時講師になった際には「わいせつな気持ちはなかった」と強調した。

 一方、公判では五つの事件のうち、服を脱ぐように児童に指示して体を触ったとされる2番目の事件について、保護者からの指摘を受けて学校や市教委が被害の一部を把握していたことも明らかになった。大田被告はこの児童の写真も撮っていたが、写真については「クビになると思い、(学校には)話さなかった」と述べた。

     ◇

 この供述について、知立市教委は23日、取材に「当時はわいせつな意図や目的を認識できず、厳重注意にとどめた」と話した
2018年02月24日(土)   No.3871 (議員活動)

年賀はがき「値上げすべきだった」 販売減少むしろ加速

「料金据え置きは、結果的に誤りだった」――。日本郵便は23日、年賀はがきの料金を2019年分から62円に値上げすると、総務省に届け出た。通常のはがきより10円安いお得感を打ち出したにもかかわらず、販売減少はむしろ加速。「2種類の料金はわかりにくい」と批判も多く寄せられ、方針転換を迫られた。

 日本郵便は昨年6月、通常のはがきを52円から62円に値上げする一方、年賀はがきは据え置いた。しかし、18年分の販売枚数は前年比5・6%減の26億5306万枚で、減少幅は17年分の3・3%より拡大。「もう少し減少幅が縮まると期待していた。収益的には今年から値上げするべきだった」と、郵便・物流事業企画部の指宿一郎部長は述べた。

 料金が違うことへの批判は200件以上、寄せられたという。年賀はがきを1月8日以降に使う場合は10円切手を貼る必要があったため、「面倒だ」との声が多かった。

 19年分の年賀はがきは、値上げの影響で販売枚数が前年比約13%減るものの、約20億円の増収になると見込む
2018年02月23日(金)   No.3870 (議員活動)

超党派の地方議員、北朝鮮訪問検討 4月末〜5月初旬

超党派の全国の地方議員や元議員らが、4月末〜5月初旬に北朝鮮を訪問する方向で検討していることがわかった。100人規模を目指す意向で、「北朝鮮に政策変更を促すためには対話が必要」(参加予定者)として朝鮮労働党幹部と意見交換をするのが狙い。

 複数の訪朝団関係者が明らかにした。日本政府は「対話のための対話では意味がない」(安倍晋三首相)との立場を強調している。ただ、平昌冬季五輪を機に南北融和ムードが高まっていることや、米政府が北朝鮮との予備的協議の可能性を示すなど、新たな動きが事態打開につながることへの期待も出ている。

 今回の訪朝団は、福岡県日朝友好協会会長の北原守・元福岡県議会副議長(元公明党福岡県本部副代表)が代表世話人を務め、政党を問わず、全国の地方議員や元議員などの参加を募集。訪朝が実現すれば、)鳴鮮と米国の双方に自制を求めて戦争を回避する圧力一辺倒ではなく対話を呼びかける――方針だ。

 北原氏らは昨年10月にも訪朝。朝鮮労働党国際部副部長などと会い、意見を交わした。今回も、同党幹部らとの面会が実現するよう北朝鮮側に要請する。(
2018年02月22日(木)   No.3869 (議員活動)

そろばん人気、商人のDNA 塾生徒が日本一多いのは…

 数字を計算するなら、電卓やスマホ、計算ソフトを使うのが当たり前の時世。なのに大阪人が今も変わらずたしなみ続けるものがあります。それが、そろばんです。



 幕末から大正の大阪の実業家の女性をモデルにしたNHK朝の連続テレビ小説「あさが来た」には、頻繁にそろばんが登場した。幼いころのヒロイン・あさは「パチパチはん」と呼び、そろばんに憧れた。

 ドラマ撮影に古そろばんを貸し出したのは、大阪府豊中市の大垣憲造さん(72)だそうだ。そろばん塾経営の傍ら、私設資料館を開いている。貴重品や珍品までそろばん約1千丁と、5千冊もの文献・資料を所蔵するマニアであり、珠算史研究学会副会長でもある。

 2月上旬、大垣さんの珠算塾を訪れると、夕方は50席余りの教室内が生徒でびっしり。「よーい、はじめ!」のかけ声とともにパチパチ音が響く。幼稚園年長から習う小3の森脇未都(みと)さんは「始めたときからパチパチとした音が好き」。個人練習になると騒がしいが、みんな自分の手元に集中している。

 少子化や習い事の多様化で、そろばん人口は1980年ごろを境に減ってきたものの、「脳トレ」ブームで、思考や創造性をつかさどる前頭葉を刺激すると見直された。大垣さんによれば、近年は就学前に習い始める子が多い。紙に書いて計算する筆算を学ぶ前にそろばんに触れる方が珠(たま)をイメージしやすく、暗算も上達が早いとか。

 
2018年02月21日(水)   No.3868 (議員活動)

子のネット利用「家庭でルール」条例案 埼玉・志木

埼玉県志木市は20日、小中学生がインターネットでのトラブルに巻き込まれるのを防ぐため、家庭でネット利用の取り決めをするよう定める条例案を、市議会に提出した。保護者には有害情報の閲覧を制限するフィルタリング機能の利用を求め、子どもには取り決めを守ることを求める。努力義務で罰則規定はなく、4月1日施行の予定。

 名称は「市子どもの健やかな成長に向け家庭教育を支援する条例」(元気に育つ志木っ子条例)案。

 市教育委員会が昨秋、市内の小学3年〜中学3年の約4千人にスマートフォンやゲーム機の利用状況をアンケートしたところ、ネットで知り合った人に「会おう」と誘われた子が116人いた。家庭での利用の取り決めは、4割の1651人が「ない」と答えた。そのため、条例の制定を決めたという。

 市議会には「条例でどれだけの効果があるのか」と違和感を示す市議もいる。
2018年02月20日(火)   No.3867 (議員活動)

誤った標高を市が公表、住宅浸水の恐れ 改築費支払いへ

宮崎市が土地の標高を誤って公表したために、浸水の恐れがある住宅が建てられたとして、市は19日、家主に建て替え費用として約3500万円を支払うと発表した。住宅を撤去し、建物の基礎をかさ上げして建て直してもらう。

 市によると、2007年度、浸水の危険性がある災害危険区域の標高調査を民間コンサルタントに依頼。調査地点88カ所のうち大淀川支流の同市富吉にある2カ所の標高が逆に記載されるミスがあったが、市は気づかないまま公表した。

 住宅はこのデータを利用して13年に完成。地区の災害危険設定水位(標高11・6メートル)より床面の高さが約1メートル低く、条例違反の建築物になったという。住宅周辺地域では05年の台風で浸水被害が起きている。

 昨年3月、近隣の建物の建設にあたった業者からの指摘で発覚。市は建て替え費用のほか、工期中の住居費用を支払う。市はコンサルタントに費用を請求したいとしている。(
2018年02月19日(月)   No.3866 (議員活動)

うがいの効果、実際どれほど? 京大教授オススメの方法

水を口に含み、ガラガラとのどを鳴らして吐き出す、うがい。風邪の予防法として、手洗いやマスクと並び、よくすすめられます。実際には、どれほどの効果があるのでしょうか。

 京都大の川村孝教授(予防医学)は、海外からの来客や留学生に会う度に、うがいの習慣があるか尋ねてまわったことがある。しかし、アジアを含め、うがいを習慣にしている人はいなかった。海外の科学論文も探してみたが、うがいの効果を検証したものは見つからなかった。

 「では、自分が」と調べた結果をまとめたのが、2005年に発表した論文だ。健康な18〜65歳の男女387人を「水でうがいする」「ヨード液でうがいする」「うがいを積極的にはしない」の3グループに分け、60日間追跡した。
2018年02月18日(日)   No.3865 (議員活動)

風邪に抗生物質、使わない病院に報酬 耐性菌の抑止策

厚生労働省は誤った使い方によって薬が効かなくなる「耐性菌」の広がりを抑えるため、医師が乳幼児の風邪や下痢に抗生物質を使わずに適切な説明をすれば、医療機関に報酬を支払う新たな仕組みを設ける。4月からの診療報酬改定に盛り込む。

 国内でよく使われている抗生物質には、セファロスポリン系のフロモックスやフルオロキノロン系のクラビット、マクロライド系のクラリスなどがある。肺炎などを引き起こす細菌を壊したり増えるのを抑えたりするが、ウイルス性の風邪やインフルエンザには効かない。耐性菌は人の体内や環境中に一定数存在する。抗生物質を使って他の菌を死滅させても、耐性菌は生き残り増えてしまう。

 厚労省によると、2015年に全国の病院で見つかった黄色ブドウ球菌の48・5%が耐性菌だった。厚労省はこの割合を20年に20%以下とする目標を掲げ、17年には抗生物質適正使用の手引を作った。軽症の風邪や下痢に使わず、細菌感染が疑われる重症例に限るよう勧めている。

 4月以降、風邪や下痢で初診の3歳未満に、手引に基づき抗生物質が不要と医師が判断した場合に病院や診療所側に800円が支払われる。幼いと副作用が出やすいため、この年齢層から始めるという。患者側は2割(未就学児)を支払う。保護者らが薬を求めれば、「ウイルスに効かない。副作用が出たり長引いたりする場合がある」「大部分は自然に良くなる」といった説明で理解を促す。

 病院内で抗生物質を適正に使うよう教育したり、耐性菌の発生率を調べたりする医師、薬剤師らのチームを設置した場合の報酬も新たに設ける。厚労省の担当者は「抗生物質の使用を最小限に近づけていきたい」と話す。(
2018年02月17日(土)   No.3864 (議員活動)

喫煙可の飲食店「客席100平方m以下」 厚労省方針

受動喫煙対策を強化する健康増進法改正案をめぐり、厚生労働省は、例外的に喫煙を認める小規模飲食店の規模について、「客席100平方メートル以下」とする方針を固めた。「店舗面積150平方メートル(客席100平方メートル、厨房(ちゅうぼう)50平方メートル)以下」を軸に検討していたが、飲食店業界の要望もあり、修正した。

 喫煙を認める飲食店の条件は、客席100平方メートル以下で、個人経営か資本金5千万円以下の中小企業が経営する既存飲食店となる方向だ。厚労省の推計では、対象となる飲食店はすでに禁煙の店や大手チェーンなどを除いて、最大で全体の55%ほどになるという。

 厚労省は1月末、飲食店は原則禁煙とし、既存の小規模飲食店では業態に関係なく、「喫煙」「分煙」の表示をすれば喫煙を認める案を公表。客席と厨房を合わせた店舗面積150平方メートル以下を検討していた。

 これに対し、飲食店などで作る「全国生活衛生同業組合中央会」が、料亭などは厨房が広く店舗面積全体で測ると不公平になるとして、基準を「客席100平方メートル以下」とするように要望。「(店舗面積150平方メートルと)実質は変わらないが、面積は小さく見えた方がいい」(厚労省幹部)との思惑もあり、見直した。

 公表された案では、新規店は面積にかかわらず喫煙を認めない方針。同省によると、5年間で3割強の飲食店が入れ替わるという。「喫煙できる店は減っていく。将来に向けて対策が前進していく案だ」と説明して理解を求めている。

 一方、自民党の「受動喫煙防止議員連盟」は、バー・スナック以外は店舗面積にかかわらず原則禁煙とすることを求める決議をまとめている。厚労省は調整をはかり、今国会への改正案提出を目指す。(
2018年02月16日(金)   No.3863 (議員活動)

都立高入試、定員割れ急増 私立無償化の拡充影響か

東京都立高校の2018年度一般入試の最終応募状況が15日、発表された。出願者数が募集人員を下回る「定員割れ」となった学科・コースがあった高校は38校と、前年度の12校の3・2倍で、全172校の平均倍率も1・44倍と10年ぶりに1・5倍未満だった。都は昨春から私立高校授業料の「実質無償化」を拡充しており、都教育委員会はこの政策が都立高の出願者減につながった可能性があるとみている。

 都教委によると、都立高校全体で、募集人員3万1490人に対して4万5216人が出願した。定員割れは商業科などの専門学科で目立ち、応募倍率は専門学科が平均1・13倍(前年度1・32倍)、総合学科が1・20倍(同1・40倍)でいずれも過去最低。普通科は1・52倍(同1・55倍)だった。

 都は17年度から、私立高校生向けの奨学金を大幅に増額した。年収に応じて給付額を決めていた制度を変更し、年収760万円未満の世帯は私立高校の平均授業料分を一律で補助されるようになった。都教委の担当者は「『無償化』の拡充で私立高校を選ぶ生徒がいるのではないか」と話した。

 安倍政権も消費税増税分を使って私立高校の実質無償化を進める方針で、昨年12月には年収590万未満の世帯を対象にすることを閣議決定した
2018年02月15日(木)   No.3862 (議員活動)

議案勉強会

2月定例会の議案勉強会がありました。市長の不在ですが、しっかり審議したいと思います。
2018年02月14日(水)   No.3861 (議員活動)

黄綬褒章受章

保護司で一緒に活動している、瀧澤さんの黄綬褒章の受賞パーティーに行ってきました。長年の活躍ご苦労様でした。そしておめでとうございます。
2018年02月13日(火)   No.3860 (プライベート)

6地区子ども会のボウリング大会

6地区子ども会のボウリング大会がありました。低学年以下はガータなし。少しでもボウリングを楽しんでもらう配慮です!
2018年02月12日(月)   No.3859 (プライベート)

若芝会の総会

地元の活動団体若芝会の総会と新年会がありました。年々感じますが、若?芝会でしょうか。
2018年02月11日(日)   No.3858 (プライベート)

還暦同窓会

今年度で還暦を迎える小学校の同窓会がありました。200人の同窓生、100人近くの所在がつかめており、参加は50人を超えました。
みんな、若い!!「
2018年02月10日(土)   No.3857 (プライベート)

法人市民税の減税、19年度廃止へ 名古屋市

名古屋市の河村たかし市長は9日、看板政策「市民税5%減税」のうち、法人市民税分を2019年度に廃止すると発表した。国の法人実効税率引き下げを理由に挙げ、「減税を先導する役割は果たせた」と説明している。個人市民税の減税は続ける。市は減税の条例改正案を19日開会の2月市議会に提案する。

 名古屋市の市民税収は18年度当初予算案で2792億円。主に企業が納める法人市民税は2割強の647億円、個人市民税は8割弱の2146億円を見込む。

 市が法人市民税の減税をやめるのは、国が法人実効税率を段階的に引き下げているのが理由だ。市が5%減税を始める前年の11年度は39・54%だったが、18年度は29・74%に下がる。河村氏は会見で「国が圧倒的に下げたので、企業には理解いただきたい」と話した。

 法人税減税の廃止で生まれる財源は約34億円。その半分を子ども支援などの重点政策に配分し、残りを新設する「企業寄付促進特例税制」に割り当てる。

 この税制は19、20年度の2年間限りで、NPOや社会福祉法人などに年間5千円以上寄付をした法人の市民税を減額する。減額幅は寄付額の69%。河村氏は「努力しているNPOにあったかいお金がいくよう、協力をお願いしたい」と寄付を呼びかけた。

 河村氏は09年の市長選で市民税10%減税を公約して初当選。10%減税は議会の反対で10年度限りになったが、その後の市議選で、河村氏が代表の地域政党・減税日本が第1会派に躍進。12年度から5%減税が続いている
2018年02月09日(金)   No.3856 (議員活動)

視察3日目

視察の3日目は、福岡市の教育センターで特別支援教育の教員の支援施策などを研究しています。
2018年02月08日(木)   No.3855 (議員活動)

視察2日目

視察2日目は、午前中に福岡市の市民活動支援制度とペットのしつけ教室。
午後からは、筑後市に空き家施策を研究しています。
2018年02月07日(水)   No.3854 (議員活動)

視察1日目

視察1日目は佐賀市です。
安否確認事業などを調査研究しています。
2018年02月06日(火)   No.3853 (議員活動)

「もうやめにしよう」…恵方巻き大量廃棄、チラシで異議

「今年は恵方巻きを昨年実績で作ります。欠品の場合はご容赦を」

恵方巻き、大量廃棄の現実 店頭に並ばないケースも…

 恵方巻きの大量廃棄が問題となるなか、兵庫県のスーパーがこんなチラシ広告を出した。結果的に客からの苦情はなく、支持する内容の電話やメールが相次いだという。

 広告を出したのは、兵庫県姫路市を中心に8店舗を展開するヤマダストアー(兵庫県太子町)。1日に出した、節分用の太巻きや餅を宣伝するチラシに大きな文字で「もうやめにしよう」と記し、「成長しなきゃ企業じゃない。けど、何か最近違和感を感じます」と続けた。

 中野篤・店舗運営部長によると、恵方巻きの売り上げはここ数年、右肩上がり。ただ、ここ数年はSNSで大量廃棄が問題となり、従業員から「このまま突き進んでいいのか」という声が出た。「スーパーでは『去年より多く作る』のが常識。欠品も怖い。ただ、人口減の時代、増やし続けるのは限界がある。スーパーが夜遅くまで開いていて、品ぞろえが豊富なのは当たり前という時代は終わりつつあるのでは」。そんな問題意識から、今年の恵方巻きは「昨年実績」とすることに落ち着いたという。

 8店舗のうち、3店舗では数を読み切れずに作りすぎてしまったものの、他の5店舗では完売。欠品に対する苦情は特になく、逆に激励の電話やメールが多く届いたという。「消費者の意識が変わりつつあるのを実感しました」と中野さんは話す
2018年02月05日(月)   No.3852 (議員活動)

初卯祭

葛飾八幡宮の神事、初卯祭に行ってきました。
笹を頂いてくると、無病息災でいられると
言い伝えられています。
2018年02月04日(日)   No.3851 (プライベート)

大芝原婦人会の新年会

大芝原婦人会の新年会に参加させて頂きました。
ゆっくりといろいろな話を聞ける機会に感謝です。
2018年02月03日(土)   No.3850 (議員活動)

節分祭

今日は節分です。
地元の葛飾八幡宮の豆まきと不動院の豆まきに参加させて
頂きました。
2018年02月03日(土)   No.3849 (議員活動)

再開披について

市川市長選挙、市議会補欠選挙の票を数えなおす「再開披」を1月29日に行いました。その結果の報告をさせていただきます。
新聞では5票ということに報じられていますが、実際は4票が動きました。田中候補は、無効票の中から1票プラス。村越候補は、票の中から無効が1票ありましたが、坂下候補の中に、村越候補の票が入っていたので差し引き変わらず。坂下候補は入っていた村越候補の1票が引かれました。補欠選挙は、無効票の中から中町候補の票が1票みつかり、石崎候補は票の中から無効票が1票見つかり減になりました。ここで問題は、無効票は判断が人によってまちまちです。したがって、その票を有効にするか否かが動くことも理解できます。ただし、坂下候補の中に村越候補の票が紛れていたことは今後十分反省するとともに、二度と起きないようにすべきです。昨年行われた、葛飾区の区議会議員選挙は、当選者と落選者の差は1票でした。
2018年02月02日(金)   No.3848 (議員活動)

市川商工会議所青年部OB会新年会

市川商工会議所青年部OB会新年会に顔を出させて頂きました。同時の時間に会合があり、「還暦の会員」を御祝していただける部分だけの参加となりましたが、懐かしい顔ぶれも多く、あっという間の時間でした。
2018年02月01日(木)   No.3847 (プライベート)

八幡フラワー商店会の新年会

八幡フラワー商店会の新年会に呼んでいただきました。日頃より地域の活動にも力を頂いています。会長のエネルギーがすごいです。
2018年02月01日(木)   No.3846 (議員活動)

<<2018年02月>>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28      

2018年02月28日(水)
保育園落ちた…大阪市..
2018年02月27日(火)
2月議会2日目
2018年02月26日(月)
東菅野中央商店会の新..
2018年02月26日(月)
2月議会初日
2018年02月25日(日)
八幡囃子保存会の総会
2018年02月25日(日)
6地区子ども会のいち..
2018年02月24日(土)
わいせつ罪の元講師「..
2018年02月23日(金)
年賀はがき「値上げす..
2018年02月22日(木)
超党派の地方議員、北..
2018年02月21日(水)
そろばん人気、商人の..

記事検索

OR AND
スペースで区切って複数指定可能
++HOME++

[Admin] [TOP]
shiromuku(fs6)DIARY version 2.41